世界中の動画視聴者のニーズに応える方法

YouTube チャンネルの 3 つのモデルの中から最適なものを選ぶ

1 概要

課題

動画キャンペーンでは、YouTube および Google ディスプレイ ネットワーク上で、広告主様自身のコンテンツやその他のストリーミング動画コンテンツに動画広告を表示できます。しかし、世界各地のユーザーが増え、チャンネルのコンテンツがさまざまな言語を話すさまざまな国のユーザーに表示されるようになった場合、各地域に合ったローカライズを行い、関連性を高める方法を把握するのは簡単ではありません。

目標

あらゆる地域のユーザーの関心を継続的に引きつけ、興味を持ってもらうために、ブランドに最適なモデルを見極めます。

対応方法

YouTube のブランド チャンネルのコンテンツは、さまざまな言語を話すさまざまな国のユーザーに表示される可能性がありますが、3 つのモデルのいずれかを導入することで、そうした世界中のユーザーのニーズに応えることができます。自社の YouTube ブランド チャンネルとターゲット市場に最適なモデルを見極めることが大切です。以降で、ブランディングやエンゲージメント、チャンネル管理の観点から、各モデルのメリットとデメリットを説明するので、モデルを選ぶ際の参考にしてください。

!!! ヒント 世界中のユーザーにリーチするために、各地の言語でのタイトル、説明文、字幕を動画に追加するようコミュニティに依頼します。

2 多言語のコンテンツを 1 つの YouTube チャンネルで管理

メインとなる YouTube ブランド チャンネルを 1 つ作成し、そこに複数の国向けの複数の言語のコンテンツをアップロードします。

ブランディング

1 つのチャンネルでブランドの存在感、ブランドそのもの、あらゆる関連アセットを表現するので、全地域を通じて表現に一貫性を持たせることができます。視聴者が全言語で同じキーワード(例: 商品名など)を使って検索する場合は、このチャンネル形態にしておくと非常に関連性が高くなり、見つけられやすくなります。

エンゲージメント

視聴者を 1 つのグローバル チャンネルに誘導することで視聴やチャンネル登録者がそこに集約されるため、ユーザーが YouTube 検索であなたのチャンネルを見つけやすくなります。ただし、チャンネルを見つけてもらった後、世界中からのチャンネル登録者を単独のオーディエンスとして働きかけることは、さまざまな言語のコンテンツが提供されているだけに、通常よりも難しくなる可能性があります。このような場合、チャンネルのオーディエンスは言語別に分かれてしまい、チャンネル コミュニティでは投稿、コメント、フィードの更新がたくさんの異なる言語で表示されるようになります。

動画視聴者の関心を継続的に引き付けるために、動画に字幕を追加することで、より幅広いオーディエンスが見やすいコンテンツにすることをおすすめします。主要地域ごとにセクションや再生リストを用意することで、言語別にコンテンツにまとまりを持たせ、再生時間を延ばす方法も有効です。

管理

コンテンツを 1 つのチャンネルに集約するため、このチャンネルの管理にすべてのリソースを集中させることができます。また、グローバルなブランディングやトーンに一貫性を持たせやすくなります。もちろん、チャンネルの管理に必要な実際のリソースの数は、コンテンツをアップロードする頻度や、個々のチャンネルの充実度に関する戦略に大きく左右されます。一貫してアップロードを続け、ブランド エクイティを確立し、オーディエンスを管理することが良好なチャンネルを成長させていくうえで不可欠となります。

3 各言語向けのコンテンツを用意した複数のチャンネルを作成

このモデルでは複数のチャンネルを作成し、各チャンネルで異なる言語と地域向けのコンテンツを掲載します。これは、さまざまな文字や検索キーワードが使用される言語の場合に非常に効果的です。

ブランディング

地域や言語ごとにチャンネルを作成するため、各地域の視聴者に合わせてそれぞれのチャンネルをカスタマイズし、地域向けのイベントやプロモーションを簡単に組み込むことができます。ブランド アイデンティティが地域ごとに少しずつ異なる場合は、この方法により、そうした差異を考慮し、YouTube ブランド チャンネル戦略に組み込むことができます。

エンゲージメント

視聴者やチャンネル登録者は、言語や好みに応じて複数のチャンネルに分散しますが、関心の高い特定のユーザーとのコミュニケーションに集中することができます。チャンネル内のすべてのコンテンツが特定の言語のユーザー向けのものになるため、ユーザー エクスペリエンスが改善されます。必ず各チャンネルのターゲット言語を指定してください。検索時にさまざまなチャンネルが表示されますが、ユーザーはより規模の大きいチャンネルを選ぶ傾向があるためです。さまざまな言語のチャンネルで相互プロモーションを行い、見つけやすさを高めることが大事です。チャンネルの [概要] タブの おすすめチャンネル セクションに対象のチャンネルを追加することも、効果的な相互プロモーションの方法としておすすめです。####管理

チャンネルのコンテンツが複数の地域に複数の言語で広まると、地域ごとのチャンネルにリソースを割り当てて継続的にチャンネルを管理することが必要になります。各チャンネルが事前に定義した枠組みに従っている場合でも、各地域のチームに管理を委ねている場合でも、十分なリソースを確保したうえで各チャンネルを立ち上げ、定期的なアップロードとエンゲージメント促進のスケジュールを維持していけるようにします。

4 1 つのグローバル チャンネルと補助的な複数のローカル チャンネルを作成する

ブランドの中心的なハブとしてメインのブランド チャンネルを 1 つ作成し、主要言語でグローバルなキャンペーンを展開しながら、別の言語や地域をターゲットとするローカル チャンネルも運営します。幅広くグローバルに存在感をアピールしながら、各地域とのつながりも維持することが目標です。

ブランディング

このチャンネル コンテンツ配分では、ハブチャンネルで一貫したグローバル ブランディングを行いながら、さまざまなローカル チャンネルを使って地域のイベントやプロモーションを紹介することができます。動画のメタデータとサムネイルのテンプレートを利用すると、多くのチャンネル間でブランドの一貫性を維持するのに役に立ちます。### エンゲージメント

チャンネルが多数あるため、視聴者やチャンネル登録者は複数のチャンネルに分散されます。ユーザーは各自の言語に合ったコンテンツを見つけることができ、コンテンツを視聴したりチャンネル コミュニティで交流したりする際の一貫性も保たれます。動画のメタデータ、説明、注目チャンネルの編成を活用して、視聴者をメインのグローバル チャンネルからローカル チャンネルに誘導することが大事です。アップロードの頻度によっては、ローカル チャンネルでのアップロードの頻度を高めると、そのチャンネルが検索結果でより目立つ位置に表示される場合があります。### 管理

このチャンネル構成ではグローバル チームとローカルチーム間での調整が必要になりますが、ローカル市場向けにブランド メッセージをカスタマイズしたり、ローカル キャンペーンを実施したりする場合に柔軟に対応できます。大規模なグローバル チャンネルと複数のローカル チャンネルの両方に時間を費やす必要があるため、このチャンネル構成は最も多くのリソースを必要とします。ただし、実際に必要となるリソースの数はアップロードの頻度と、各チャンネルで採用するエンゲージメント戦略によって変わってきます。