ウェブサイトをインド市場に適合させる

インド市場に合わせたローカライズを行うためのガイド

1 概要

このガイドでは、インドのユーザーに親近感を持ってもらう方法を説明しています。ウェブサイトをインドの文化に調和させることで、ユーザーは好感を抱き、安心してビジネスを行うようになります。ここに挙げる細かいながらも重要な点を把握すれば、新たな市場で有利なスタートを切れるでしょう。

2 主要言語

KPMG in India と Google がまとめた調査によると、インドでは、オンライン コンテンツの 95% が英語で作成されています。しかし 2021 年には、ヒンディー語のユーザー数が英語のユーザー数を上回るとみられています。

テレビの使用言語は 95% がヒンディー語です。

ヒンディー語はインドの 2 つの公用語の 1 つであり、人口の 60% が使っています。もう 1 つは英語です。英語とヒンディー語にローカライズすることで、オンライン ユーザーの大部分をカバーできます。

インドで主に使用されている言語は地域によって異なります。主な言語は以下のとおりです。

  • ヒンディー語
  • タミル語
  • テルグ語
  • マラーティー語
  • ベンガル語
  • マラヤーラム語
  • カンナダ語
  • グジャラート語
  • ネパール語
  • パンジャブ語
  • オリヤー語

3 フォーマル度

インドのユーザー向けのメッセージは、フォーマル、カジュアルのどちらにすべきでしょうか。

インドのユーザーは、フォーマルで親しみやすいメッセージを好みます。英語でユーザーとコミュニケーションをとる際は、接頭辞の敬称(Mr.、Mrs. など)をつけ、ファースト ネームで呼んでも問題ありません。ヒンディー語で書く場合は、末尾に जी(発音は「G」と同様で、「ジー」と読みます)をつけましょう。

年齢が下の人間が目上の人間のことを、ヒンディー語の接尾辞や英語の接頭辞をつけずに呼ぶと、無礼とみられる場合があります。

金融商品、司法サービスや、金銭に関わる内容の場合は、よりフォーマルなトーンとスタイルを用いた方がよいでしょう。

!!!ヒント: 「インドでのビジネスのしやすさ」

世界銀行による 2020 年の Ease of Doing Business レポートでは、インドは 190 か国中 63 位です。

4 数体系と表示形式

数字

小数点
  • ドットまたはピリオド(.)を使用します。
    • 例: 1.5 時間
3 桁ごとの区切り文字
  • コンマ(,)とピリオド(.)を使用します。

    • 例: 1,524.00 人
  • 「lakh」という語句が「10 万」という意味でよく使われます。

    • 例: 100,000.00 は「lakh」
  • 「crore」という語句が「1,000 万」(10 万の 100 倍)という意味でよく使われます。

    • 例: 10,000,000.00 は「crore」
数体系

インドの数体系は独特です。1 lakh(10 万)以上の数字では、末尾から 3 桁目の数字の左にコンマを付け、そこから 3 桁ごとではなく、2 桁ごとにコンマで区切ります。例は以下のとおりです。

インド式 欧米式
5,00,000 500,000
12,12,12,123 121,212,123
7,00,00,00,0000 7,000,000,000

これは、インドの数体系では 1000、10 万、1 千万という単位が区切りになっているためです。

電話番号

インドのそれぞれの村、町、都市には、Subscriber Trunk Dialling(STD)コードが割り当てられています。大規模な都市は STD コードが短く、「ティア 2」と呼ばれる小規模な都市は STD コードが長くなります。

  • 特に規模が大きい都市はエリアコード(STD コード)が数字 2 桁と短くなっています。例は以下のとおりです。
STD コード 大都市
11 ニューデリー デリー
22 ムンバイ マハラシュトラ
33 コルカタ 西ベンガル
44 チェンナイ タミル ナードゥ
  • 「ティア 2」と呼ばれる小規模な都市は、STD コードが数字 3 桁と長くなっています。例は以下のとおりです。
STD コード 中規模都市
120 ガーズィヤーバード / ノイダ ウッタル プラデーシュ
135 デーラードゥーン ウッタランチャル
141 ジャイプール ラージャスターン
  • インドのすべての電話番号は、全部で 10 桁です。これには STD コードも含まれます。

    • たとえば 1411234567 の場合は、ジャイプールの STD コードの 141 と 7 桁の数字の組み合わせです。
  • 固定電話の場合は地区コードが使用されます。ある地区から別の地区への電話では、番号の先頭に 0 または +91 を追加する必要があります。

  • 地区内の相手への電話では、先頭に数字を追加せずに、電話番号をそのまま使用します。

  • ある州から別の州への電話では、国コードの +91 または 0 を番号の先頭に追加します。

  • 携帯電話の番号の場合は、先頭に +91 がつき、その後 10 桁の数字が続きます。

  • 携帯電話から固定電話に電話をかける場合は、先頭に STD コードの 0+ をつけ、その後に番号を入力します。

5 通貨の表示形式

通貨はインドルピーです。通貨記号は ₹、3 文字の通貨コードは INR です。
例: 500 INR

ルピーには紙幣と硬貨があります。

ルピーの紙幣には ₹2,000、₹500、₹100、₹50、₹20、₹10、₹5 があります。

ルピーの硬貨には ₹1、₹2、₹5、₹10 があります。

50 パイサ硬貨は 1 ルピーの半分です。

6 日付形式

インドでの日付の表示形式は DD-MM-YY(24-03-17 など)です。

7 時刻の表示形式

日常会話や書面では 12 時間形式が広く使用されています。

24 時間形式は鉄道で使用されることが多いほか、デジタル デバイス(PC、スマートフォン、タブレットなど)でも使用されています。また、Android の表示形式でもあり、区切り文字にはコロンが使用されています(例: 14:24)。

8 営業日

標準的な営業日は月曜日から金曜日、または月曜日から土曜日です。

9 インド市場で避けるべきこと

どのような文化にも、常に留意すべきさまざまな迷信的習慣やしきたりがあります。特に、初めての市場に参入する場合には、こうした慣習に気をつける必要があります。

13 は不吉な数字とみられています。

誕生日や結婚式の際に金銭を贈る際は、数ルピーを追加して、必ず金額の末尾が 0 にならないようにします(2001 ルピーにするなど)。

10 ローカライズの有用なヒント

以下に、速やかにインド市場に溶け込むために有用なヒントを 7 つ紹介します。

  1. スペル、句読点、価格設定、日付形式、単位、用語の違いに注意します。

  2. 自国語で使われる口語表現や言い回しは、インド市場向けに翻訳できない可能性があるため、避けるようにします。たとえば、特定の地域でしか通用しないスラングなどです。

  3. インドのオーディエンスを混乱させたり不快にさせたりしないよう、文化の違いを考慮します。たとえば、北インドの祭事を南インドのユーザーに紹介するのは避けます(その逆も同様)。できる限りのローカライズを心がけましょう。

4.逐語訳は不自然になる場合があるため、現地の慣用句やフレーズは、現地の話者に翻訳してもらいます。

  1. コンテキストが非常に重要です。インド全土で使用できる画像を使用しましょう。そうした画像がない場合は、南インドの州では南インドの画像を使用し、北インドの州では北インド関連の画像を使用するようにします。 6 インドのユーザーは、不正サイトでお金を騙しとられるのを警戒しており、オンラインでの商品購入には消極的です。そのため、ユーザーに信頼してもらえるように、ウェブサイトには必ず十分な説明とデータを掲載してください。

  2. 銀行業やクレジット カードの普及率が低いため、オンライン決済が複雑になる場合があります。そのため、代金引換などの支払いオプションに対応し、サイト全体でそのことに言及することが大事です。

11 その他のガイドライン

ウェブサイトのトーンと言語が現地で違和感がないことを確認するには、ローカライズ ガイドをご覧ください。