海外のユーザーにサイトを見つけてもらう方法

1 概要

課題

多言語または多地域対応のウェブサイトを作成する場合、ターゲットとしている国や言語で、すべての関連性の高いユーザーにウェブサイトを見つけてもらい、ランキングを最適化するにはどうすればよいでしょうか?

目標

Google 検索で、ターゲット ユーザーに適切なバージョンのサイトを訪問してもらうこと。

そのための方法

海外 SEO の主要な目標は、各国の最も関連性の高い検索ユーザーに、適切な国や言語のバージョンのサイトページを訪問してもらうことと、すべての Google 検索でランキングを最適化することです。これらの目標を達成する手順は次のとおりです。

2 Google によるウェブページのクロール、インデックス登録、検索結果への表示方法

簡単に言えば、ウェブ検索は分厚い本を膨大な索引(インデックス)を使って調べることに似ています。ユーザーが Google 検索を行うと、Google のプログラムはインデックスをチェックし、最も関連性の高い検索結果を判断してユーザーに提供します。 これには次の 3 つの主要なプロセスがあります。

クロール

クロールとは、新しいページや更新されたページが Google インデックスに追加されるプロセスです。Google は膨大な数のコンピュータを使用して、何十億ものウェブページを取得(クロール)しています。取得プログラムは Googlebot と呼ばれ、ロボットやボット、スパイダーとも呼ばれます。Googlebot は、アルゴリズム処理を使用して、クロールするサイト、クロールする頻度、各サイトから取得するページ数を決定します。 Google にお金を支払ってサイトのクロール頻度を上げることはできません。また、Google の検索部門は、広告サービス部門とは別々に運営されています。

インデックス登録

Googlebot は、クロールした各ページを処理し、検出したすべての単語とページ上の場所を大規模なインデックスに登録します。また、title タグや alt 属性など、主要なコンテンツタグや属性に含まれる情報も処理します。Googlebot はさまざまなコンテンツを処理できますが、すべての種類を処理できるわけではありません。たとえば、一部のリッチメディア ファイルや動的ページのコンテンツは処理できません。

検索結果の表示

ユーザーが検索を開始すると、Google のコンピュータはインデックスを検索して一致するページを探し、最も関連性の高い検索結果を返します。関連性は 200 を超える要因によって決定されます。他のページからのリンクに基づいてページの重要性を測定する PageRank は、そのうちのひとつにすぎません。サイトページに対する別のサイトからのリンクも、それぞれサイトの PageRank に追加されます。ただし、すべてのリンクが等価値なわけではありません。Google では、検索結果に悪影響を及ぼすスパムリンクなどの行為を識別できるよう努めています。PageRank で重要性が高いと判断されるのは、コンテンツの品質に基づいて行われるリンクです。

検索結果ページでサイトを上位に表示させるには、Google がサイトを適切にクロールしてインデックス登録できるようにすることが重要です。ウェブマスター向けガイドラインで、サイトのランクを上げるためのおすすめの方法を紹介しています。

Google の「もしかして」やオートコンプリート機能は、関連語句、よくある誤字脱字、人気クエリを表示することで、ユーザーが時間を節約できるように設計されています。これらの機能で使用されるキーワードは、Google のウェブクローラと検索アルゴリズムによって自動的に生成されます。このように予測結果が表示されるのは、ユーザーの時間を節約できると考えられる場合のみです。Google の検索アルゴリズムでサイトのコンテンツがクエリに密接に関連していると判断されると、そのクエリに対し、サイトが上位にランクされます。

3 各言語バージョンを見つけやすくする

1 つのページに 1 つの言語

ウェブサイトを複数の言語で公開している場合、各ページのコンテンツやナビゲーションには 1 つの言語を使用します。翻訳を同じページに表示することは避けてください。

URL で言語がわかるようにする

各言語のコンテンツは別々の URL で提供し、URL を見れば言語がわかるようにします。たとえば、「www.mysite.com/de/」という URL にすると、そのページがドイツ語で書かれていることがユーザーに伝わります。

ターゲット言語

hreflang(言語)メタタグを使用して、Google にターゲット言語を示します(HTML では、「href」は「ハイパーテキスト リファレンス」の略で、すべての HTML リンクのコーディングに使用されます。「lang」は language(言語)の略です)。

相互リンク

ユーザーが最初にどのバージョンのサイトにアクセスした場合でも、地域や言語を選択できるように、すべてのページの右上に切り替えボタンを表示します。

動的コンテンツ

Google では、コンテンツに対して言語ごとに別々の URL を使用することを推奨していますが、ウェブサイトがユーザーの IP アドレスの位置を認識して関連するコンテンツや言語を自動で表示する、動的でパーソナライズされたコンテンツにも対応しています。そのため、サイトで動的な構造を使用していても書き換える必要はありません。そのようなサイトはオンライン検索の結果に表示され、動的コンテンツを提供しているサイトが不利になることはありません。

避けるべき習慣

定型的なテキストのみの翻訳

ウェブサイトの定型的なテキストのみを翻訳し、残りのコンテンツを 1 つの言語で表示したままにすることは避けてください(これはフォーラムなどのユーザー作成コンテンツを提供するページでよく見られます)。同じコンテンツの定型的なテキストがさまざまな言語で何度も検索結果に表示されると、ユーザー エクスペリエンスが低下する可能性があります。

自動翻訳

自動翻訳によりコンテンツが意味を成さなくなり、ユーザーがサイトを正しく理解できなくなることがあります。robots.txt を使用して、自動的に翻訳されたサイトページを検索エンジンがクロールしないようブロックしてください。

Cookie を使用しない

Cookie やスクリプトを使用してページの翻訳バージョンを表示することは避けてください。Google はそのような動的コンテンツをクロールしてサイトのコンテンツを適切にインデックス登録することはできず、ユーザーもそうしたコンテンツを見ることができません。

4 ユーザーの意図を理解する

あらゆる Google 検索の中心にいるのは、レビュー、購入しようとしている商品、価格比較など、購入関連の情報を得ることを意図したユーザーです。

ユーザーの意図を的確に把握する最善の方法は、マーケティング分析を活用することです。Google 広告キーワード プランナーを使えば、どのキーワードでウェブサイトにアクセスされているかを確認できます(有益なロングテール キーワードも使用することをおすすめします)。これらのキーワードを分析することで、サイトのユーザーが何を探しているかをより深く理解し、それに合わせてコンテンツ戦略を策定できます。

ロングテール キーワードとは、より具体的な 3~5 語のフレーズのことで、ユーザーが実際に購入を検討しているときに使用されます。たとえば、あるユーザーが「ダイニング チェア」というキーワードで検索を開始した場合、さまざまなウェブサイトを訪問し、デザインを比較しながら選択肢を絞り込んだ後で、「イームズ スタイルのコンテンポラリー ダイニング チェア」を検索するかもしれません。

このようなユーザーの行動に合わせてコンテンツを作成することで、ユーザーが求めるコンテンツを即座に提供できるため、効果的にトラフィック、クリックスルー、見込み顧客数、売り上げ、コンバージョンを改善することが可能です。

5 オンページ SEO とオフページ SEO

Google がウェブサイトを他と比較して評価する際、どのキーワードでのランクインを意図しているか(オンページ)と、検索結果におけるランク(オフページ)を正確に確認します。

そのため、Google がサイトの内容を明確に理解してページを簡単にインデックス登録し、サイトの構造やコンテンツをスムーズに移動できるようにすることで、サイトのランク付けが正確に行われるようにする必要があります。特に、国内または世界レベルで通用するオンライン コンテンツの提供を目指す場合、検索結果の上位に表示されるように努力することは重要です。

オンページ SEO

海外向けオンページ SEO の目標は、Google がページの位置を特定し、内容を識別しやすくなるように、ページを最適化することです。そのため、グローバルな URL を合理的かつ繰り返し可能な方法で整理して、ローカライズされたコンテンツをサブディレクトリ、サブドメイン、またはドメインによって地域ターゲティングできるようにします。

ターゲットとする国ごとにサイトをローカライズしつつも、世界中で一貫したブランド プレゼンスをアピールすることが重要です。デザインをローカライズすることで、重複コンテンツのリスクを減らし、ユーザー エンゲージメントを向上させることができます。

効果的にオンページ SEO を行うには、以下をローカライズする必要があります。

  • URL
  • title タグ(ローカライズされたターゲット キーワードを使用)
  • 見出し(H1)
  • body の内容
  • alt 属性(画像ファイルの名前など)
  • メタタイトルとメタ ディスクリプション
  • ナビゲーション ラベル
  • 住所情報
  • アップロード速度
  • モバイル対応度
  • 内部リンク(内部ブログへのリンクなど。ユーザーと Google の両方にとって有益です)

オフページ SEO

オフページ SEO は、他のウェブサイトからのリンクを構築することによって、また、基本的にサイト外で行われるすべての最適化を通じて、サイトの権威性を高めるための対策です。ウェブサイトへのリンク数が多いほど、Google 検索で上位に表示されます。サイトへのリンクを増やす方法をいくつか紹介します。

  • 魅力的で内容の充実した、ローカライズされたサイト コンテンツを作成する

  • ソーシャル メディア マーケティング - コンテンツを広く共有してもらう

  • 第三者のサイトで信頼性の高いレビューを書いてもらう

  • 記事の共有 - ユーザーに興味を持ってもらえるような質の高い記事(ウェブサイトへのリンク付き)を、評判の高い PR 記事投稿ディレクトリに投稿する

  • 画像や動画の投稿 - 画像や動画の投稿サイトに、サイトのタイトル、説明、タグ、リンクを含む画像や動画を投稿する

  • ドキュメントの共有 - ドキュメント共有サイトで、ユニークで価値の高いコンテンツを PDF または ppt 形式で共有する

6 Google がウェブサイトのターゲット国を判断する方法

国コード トップレベル ドメイン名(ccTLD)

ドイツ向けに .de、中国向けに .cn など、ターゲットとする地域や言語ごとに複数のウェブサイトを用意することで、ユーザーと検索エンジンの両方に対して、サイトが明示的に特定の国をターゲットとしていることを示すことができます。国によっては ccTLD の使用が制限されていることもあるため、使用可能かどうか確認する必要があります。

Tip

Google は、.tv や .me など一部のバニティ ccTLD をジェネリック トップレベル ドメイン(gTLD)として扱います。このようなドメインは、特定の国をターゲットとするものではなく汎用的であるとみなすユーザーやウェブマスターが多いからです。Google がジェネリックとして扱うドメインの一覧をご覧ください。

地域ターゲティング設定

多地域 / 多言語対応ウェブサイトを 1 つのサイトとして作成する場合は、ジェネリック(gTLD)ドメインを使用する必要があります。ドメインが 1 つの場合、SEO 対策も 1 つだけで済むというメリットが得られます。1 つのジェネリック(gTLD)ドメインを使用する場合、言語ごとに 1 つのフォルダに分けます(例: myamazingsite.com/en/、myamazingsite.com/de/、myamazingsite.com/es/)。元の英語版サイトの権威性を高めることで、他の言語のフォルダにもプラスの影響を与えることができます。

特定の国に固有のコンテンツについては、地域ターゲティングを使用して、特定のページがその国のユーザーにとって関連性が高いことを Google に示します。サイトが .com、.org、.net などの gTLD を使用している場合は、Search Console国ターゲティング ツールを使用して、サイトが特定の国をターゲティングしていることを Google に示すことができます。ただし、サイトで複数の国をターゲティングしている場合はこのツールを使用しないでください。

Tip

.eu、.asia などの地域トップレベル ドメインは、特定の国に固有のものではないため、Google はこれらのドメインをジェネリック トップレベル ドメインとして扱います。

サーバーの場所

サーバーの場所(サーバーの IP アドレスで判断)はユーザーの現在地に物理的に近いことが多いため、サイトのターゲット ユーザーについてのシグナルとなる場合があります。ただし、一部のウェブサイトは、分散型コンテンツ配信ネットワーク(CDN)を使用していたり、ウェブサーバーのインフラストラクチャが充実している別の国でホストされていたりするため、サーバーの場所は決定的なシグナルにはなりません。

その他のシグナル

サイトのターゲット ユーザーについてのその他の手がかりとして、サイトページに記載された住所や電話番号、現地語や現地通貨の使用、他の現地サイトからのリンク、Google マイビジネス(利用可能な場合)の使用などがあります。Google では地域ターゲティングに場所のメタタグ(例: geo.position や distribution)や HTML 属性を使用しません。

7 URL 構造

地域ターゲティングをページごとに判断するのは難しいため、URL 構造を使ってウェブサイトをいくつかのセグメントに分けて地域ターゲティングを判断するほうが理にかなっています。以下に、すべてのオプションのメリットとデメリットを示します。

URL 構造 メリット デメリット
国別 example.ie 地域ターゲティングが明確

サーバーの場所に依存しない

サイトの分割が簡単
高価(利用が制限される場合もある)

より多くのインフラが必要

ccTLD の要件が厳しい(一部)
**gTLD のサブドメイン de.example.com 設定が簡単

Search Console の地域ターゲティングを使用できる

複数の場所のサーバーを使用できる

サイトの分割が簡単
ユーザーは URL のみからでは地域ターゲティングを認識できない場合がある(例: 「de」が言語なのか国なのかが不明)
gTLD のサブディレクトリ example.com/de/ 設定が簡単

Search Console の地域ターゲティングを使用できる

管理しやすい(ホストが同じ)
ユーザーは URL のみからでは地域ターゲティングを認識できない場合がある

サーバーの場所は 1 か所のみ

サイトの分割が難しい
URL パラメータ site.com?loc=de 非推奨 URL ベースの分割が難しい

ユーザーは URL のみからでは地域ターゲティングを認識できない場合がある

Search Console の地域ターゲティングを使用できない

いずれの構造を選択した場合でも、ウェブサイトの言語フォルダごとに同じ方法で階層を整理して、クロールしやすく、直感的に理解できるようにしてください。

8 重複するコンテンツと国際サイト

同じコンテンツを複数の言語に翻訳し、それを異なる URL で提供すると、コンテンツの重複が発生することがあります。コンテンツが複数の国のユーザーをターゲットとしているのであれば、これは通常、問題にはなりません。独自性のあるコンテンツを提供し、別の言語に翻訳する際にコンテンツの意味が変わらないようにすることを強くおすすめしますが、それが難しい場合もあります。

ページの複数の言語バージョンを区別し、検索ユーザーの言語や地域に対応した URL を提供するには、rel-alternate-hreflang のガイドラインを遵守してください。hreflang を使用しない場合、コンテンツの価値が失われ、期待するトラフィックを得られない可能性があります。

robots.txt ファイルで、または「noindex」robots メタタグを使用してクロールを拒否する場合は、重複を隠す必要はありません。ただし、同じコンテンツを同じユーザーに異なる URL で提供する場合(example.de/ と example.com/de/ の両方で、ドイツ語のコンテンツをドイツ語ユーザーに提供する場合など)、いずれかを優先 URL として選択し、その URL にリダイレクトされるようにする必要があります(または、rel=canonical リンクを使用します)。