ブラジル向けの物流計画を立てる

提供: Ingram Micro Commerce & Lifecycle Services

1 概要

課題

ブラジルは、2 億 700 万人を超える人口を擁し、世界で 4 番目に大きい e コマース市場を抱えているため、国外展開を検討している企業にとって大きな可能性を見いだせる国です。ブラジルが自社の成長戦略に直接関係していなくても、ラテンアメリカ最大の経済を持っていることを考えると、広範囲の経済展望を描く際に考慮すべき国であるといえます。

目的

このガイドでは、ブラジルが持つビジネス チャンスと、それを最大限に活かす方法をご紹介します。また、国際社会におけるブラジルの位置づけと、それがビジネスに与える影響についても概説します。

2 ブラジルへのビジネス展開

ブラジル経済はラテンアメリカ最大の規模を誇り、国の人口は 2 億 700 万人を超えます。1 億 4,000 万人のインターネット ユーザーを抱える、世界第 4 位の e コマース市場でもあります1。また、ラテンアメリカにおける一般消費者向け取引(B2C)全体の 42% を占める国です2

ブラジルの e コマースは十分に発達していて、この地域への投資を検討している企業に大きな機会を提供しています。ブラジルではオンライン ショッピングが一般的で、不正防止のセキュリティ対策が広く実装され、物流と決済のインフラストラクチャにおける課題は克服されつつあります。さらに、ブラジルの人口は 42% をミレニアルズが占めるため、今後数年間で同国の e コマースは 2 桁の成長を続けると期待されています3

ブラジルは、限られた地域の中だけでなく、世界的に見ても重要な貿易パートナーであり、航空機、一般消費財、鉄鋼、自動車、ゴム、紙の世界的な生産国です。ブラジルで成長している製造業や農業の活動に対応するため、国内の物流業者だけでなく、DHL、キューネ・アンド・ナーゲル、Panalpina、Expeditors、CEVA、UPS といった国際的な物流プロバイダが拠点を立ち上げています。

ブラジルの地図


  1. Internet World Stats 

  2. Euromonitor Internacional 

  3. eCMetrics 

3 ブラジルにおけるビジネス展開の概要とメリット

  • 現在、ブラジルの e コマースによる販売全体のうち、国外からの販売が占める割合は 14% です1
  • ブラック フライデーは、ブラジルで一般的です。ブラジルの法律で定められた、年末に給与が 1 月分多く支払われる制度とも、時期が一致します2
  • オンライン販売で多く扱われているカテゴリは、家電製品、衣類、消費者向け電気製品です3
  • ブラジルの小包市場は 13.9% 成長して 5.7 億個となり、費用は 15.4% 増加して 102.7 億ブラジルレアルに達しました4

  1. PayPal 

  2. Bloomberg 

  3. eMarketer 

  4. Pitney Bowes 

4 消費者の動向

新規市場へ参入する際、消費者行動について考えることは極めて重要です。ターゲットとする消費者は、通常どのように商品を購入し、どのような配送方法を選択しているでしょうか。消費者の動向がブラジル市場進出に与える影響については、以下のデータが検討材料となるでしょう。

  • モバイル コマースが急成長し、ブラジルにおける e コマース トランザクションの 20% 以上を占めています1

  • ブラジルの購入者は、配送で長い時間がかかることに慣れています。実際のところ、消費者の 86% は、送料無料になるなら配送に追加で 2 日かかっても問題ないと考えています。平均の配送期間は 10 日です2

  • ブラジルの人々には、スピードより価格を重視する強い傾向があります。オンラインの買い物客のうち 59% は、送料が購入を決める要因になると答えています。

  • 平均送料は 29.90 ブラジルレアルです3

  • ブラジルは人口規模とその構成によって魅力的な市場になっていますが、物流インフラに課題があるため、多くの e コマース企業がブラジルでの展開に苦労しています4

  • 買い物客の 92% は送料無料を目的とする行動をとります。最も強い動機付けとなる行動はショッピング カートへの商品追加です5

  • ブラジルの買い物客は従来型のショッピング体験を好みます。アクセス数を増やすには、商品を小売店舗に置くことを検討してください

  • ブラジルのファッション市場ではブロガーが大きな影響を及ぼしています。こうしたブロガーと戦略的なパートナーシップを築き、ソーシャル メディアを使って販売を伸ばすことを検討してください。調査では、消費者の 84% が、買い物をするときにソーシャル メディアの影響を受けると答えています6

  • ブラジルの返品率は低く、その原因は返品処理が複雑であるためと考えられます。政府は「Right of Regret」(後悔権)と呼ばれる法律を定め、購入後 7 日以内であれば消費者が製品やサービスをキャンセルできるようにしています7

ブラジルの B2C e コマース収益とその成長率(2012 年~2016 年)

収益 前年比増加率
2012 79 億 28.9%
2013 102 億 29.0%
2014 130 億 27.0%
2015 159 億 22.0%
2016 171 億 7.0%

  1. Forrester 

  2. UPS and ComScore 

  3. EBIT 

  4. Statista Digital Market Outlook 

  5. UPS and ComScore 

  6. UPS and Comscore 

  7. Tech in Brazil 

5 納品モデル

国境を越えるブラジルへの配送

国境を越えてブラジル国内へ配送するには、利用できる港が複数あります。人口の大部分が東海岸に集中しているため、購入者へ迅速に商品を届けるには東海岸が実質的な起点になります。サントス(SP)、リオデジャネイロ、ビトリア、サンルイスなどの港をいくつか検討してください。

ブラジルの人口分布を示す地図

6 輸送

小口貨物運送業者

ブラジルの主要な小口貨物運送業者は以下のとおりです。

  • Total Express
  • Direclog
  • Jamef
  • Jadlog
  • TNT Express
  • Brasspress
  • Atlas Transportes e Logística

密集した都市部での配送を想定すると、「Motoboys」と呼ばれるバイク便も検討する価値があります。一般的な宅配業者は以下のとおりです。

  • Moblyboy
  • Easy Deliver
  • 99 Motos
  • Vai Moto
  • Loggi

7 ブラジルでビジネスを始めるには

ブラジル市場への参入を検討する際は、ご自身のビジネスに最も適した納品モデルの形態を考えてみてください。ユーザーにリーチして注文を獲得するには、どのような方法が最も効果的でしょうか。自分のビジネスに適用される輸入関税、通関手続き、税金を評価する必要があります。商品の商標登録が必要かどうかを World Trade Center を通じて判断する必要もあります(ブラジルのドメインを設定する場合)。最後に、進出を考えている地域で展開している納品センターと運送業者を探します。

Market Finder には、世界銀行が発表する「ビジネスのしやすさ指数」(Doing Business Index)が掲載されており、ブラジルでのビジネスのしやすさをあらかじめ知ることができます。これは、世界の経済圏ごとに、企業にとって現地法人を設立、運営することがどれだけ容易かを 1~190 の範囲で示したもので、10 個のテーマ(電気事情、信用の得やすさ、越境取引のしやすさなど)に沿って評価されています。

新規市場に参入する際は、行政、規制、物流などの分野で起こり得る課題を把握しておくとよいでしょう。法的要件を確認したり、物流計画を立てたりする際は、Market Finder をお役立てください。詳細なガイドやインサイトを含む、サポートおよびツールをご利用いただけます。

Ingram Micro Commerce & Lifecycle Services のロゴ

Ingram Micro Commerce & Lifecycle Services は、需要と供給をつなぐための物流ソリューションを提供しています。

注意

本サイトで提供する資料は、情報提供のみを目的としています。財務、税務、法律に関するアドバイスは、専門家にご相談ください。