効果的な動画キャンペーンを作成する方法(パート 3/3)

これからの動画キャンペーン: YouTube インサイトを活用する

1 概要

ユーザーによるインターネットの利用方法が変わりつつあります。モバイルが主流となり、複数のデバイスを使い分けて動画を視聴するユーザーが増えている現状に対応するため、Google は YouTube の機能向上に積極的に取り組んでいます。

2 これからの動画キャンペーン

次世代の YouTube インサイトとレポート

新しいクラウドベースの測定ソリューションは、YouTube 広告主様向けのインサイトを生成すると同時に、Google と YouTube にまたがってプライバシーを保護し、セキュリティを強化できる最先端のコンセプトです。

この新しいソリューションを使用すると、デバイスを問わずにキャンペーンの詳細な YouTube インサイトにアクセスし、価値が高いユーザーに対するキャンペーンの効果を確認できます。たとえば、広告主様が自動車メーカーであれば、さまざまなデバイスに配信した YouTube 広告が特定のオーディエンス(以前に SUV を購入したユーザーなど)に与える影響を把握できます。

オーディエンスへのアプローチ方法を強化

モバイルへの移行

YouTube 視聴の 75% 以上がモバイルで発生している現在、キャンペーンの成果を適切に測定すると同時に、ターゲットの YouTube 視聴者にさまざまなデバイスで、関連性の高い有益な広告を配信することが重要です。

Google 検索履歴に基づいて YouTube の視聴者にアプローチ

広告主様にとってもうひとつ画期的なのは、Google 検索履歴に基づいて YouTube の視聴者にアプローチできることです。

これは、特定の商品やサービスを検索したユーザーに広告を配信する機能です。たとえば、広告主様がアパレル業者の場合は、Google で「冬物コート セール」と検索したユーザーをターゲットにして、冬物アイテムのブランド キャンペーンの広告を最適なタイミングで配信できます。

カスタマー マッチを使用し、価値の高いユーザーに YouTube でアプローチ

カスタマー マッチを使用すると、広告主様の顧客データに基づいて価値の高い顧客に YouTube でアプローチできます。たとえば、広告主様がアパレル業者であれば、セール情報のメール配信に登録している顧客に広告を表示できます。

役立つリンク