国際化に取り組む方法

グローバルな市場向けのローカライズ戦略の完全ガイド

1 概要

課題

消費者の約 75% は、商品の購入には母国語のウェブサイトを選択する傾向が高くなっています1。そのため、ビジネスのグローバル展開を成功させるには、対象市場の言語を使うことが不可欠です。

目標

元のウェブサイトのブランディングと販売力を維持しながら、地域に馴染んだウェブサイトを作成して、ユーザー エンゲージメントを最大限に高めます。

取り組みの進め方

チームを招集して、ローカライズ戦略を決定します。最初に、以下の質問について考えてみてください。

  • 対象顧客の言語は何ですか。さまざまなバリエーションがあるため注意が必要です。たとえば、スイス、カナダ、南アフリカなどは多言語国家です。中国語、アラビア語、スペイン語などの言語には多くの方言があります。

  • コンテンツ管理システム(CMS)は多言語に対応していますか。

  • 画像、記号、色、テキストなど、ウェブサイトのコンテンツが市場に適していることを確認するのは誰ですか。

  • ウェブサイトはモバイル レスポンシブ デザインですか。

Tip

対象市場が大きな外国人居住者コミュニティの場合、その母国語を使用し、現地通貨で価格を表記したコンテンツの方が好まれる可能性があります。

2 ローカライズに適したユーザー インターフェース(UI)の設計

すべての対象言語に対応できるユーザー インターフェースの作成について、デザインチームに相談します。翻訳者が翻訳の正確さに集中できるようなデザインにします。ユーザー インターフェースの要件:

さまざまなパターンに対応する:

  • スペース - ドイツ語は英語よりも長くなることが多い、アラビア語は十分な上下のスペースが必要
  • 密度 - 中国語の繁体字は複雑なため、12 ポイント以上のフォントを使用する
  • 右から左に横書きする言語 - アラビア語、ヘブライ語、ペルシャ語

その他:

Tip

文字変換とは、ある文字体系の単語や文字を別の文字体系を使って表記し直すことです。たとえば、キリル文字表記のロシア「Россия」を文字変換すると「Rossiya」(ロシア)となります。

3 i18n ニーズに対応するウェブサイトを開発する

国際化はローカライズ準備のためのプロセスです。つまり、製品やサービスを地域の言語や文化に簡単に変換できるようにします。略して「i18n」と表記されることもあります。

ユーザーや翻訳者などすべての人が使いやすいウェブサイトを作成しましょう。最初に、エンジニアと協力して、さまざまな言語とコンテンツ タイプを念頭に置いて、ウェブサイトのコーディングを行います。次に、ローカライズ エンジニアリング ガイドを作成します。コーディングやエンジニアリングのベスト プラクティスには以下が含まれます。

  • ワークフローとツール

    • コマンド、ボタン、フォームは、すべての国のユーザーにとってわかりやすいものにします。
    • ユニバーサル言語選択(ULS)を使ってユーザーが好きな言語を設定できるようにします。
    • 多言語ユーザーが主に使う言語を調べるため、ユーザーの言語設定を確認します。
  • 文字と文字列の取り扱い

    • UI 文字列は翻訳する前にユーザーに表示しないでください。
    • すべてのデータを言語や国の影響を受けない形式(Unicode 文字列など)で保存します。
  • ライブラリ

    • 日付、時間、タイムゾーン、数字、通貨の言語固有の形式に業界標準のライブラリを使用します(Unicode 共通ロケール データ リポジトリ(CLDR)など)。
    • 言語と地域を正確に表示する国際的な識別子のライブラリを作成します(必要な場合)。

4 Google によるウェブページのクロール、インデックス登録、検索結果への表示方法

簡単に言えば、ウェブ検索は分厚い本を膨大な索引(インデックス)を使って調べることに似ています。ユーザーが Google 検索を行うと、Google のプログラムはインデックスをチェックし、最も関連性の高い検索結果を判断してユーザーに提供します。 これには次の 3 つの主要なプロセスがあります。

クロール

クロールとは、新しいページや更新されたページが Google インデックスに追加されるプロセスです。Google は膨大な数のコンピュータを使用して、何十億ものウェブページを取得(クロール)しています。取得プログラムは Googlebot と呼ばれ、ロボットやボット、スパイダーとも呼ばれます。Googlebot は、アルゴリズム処理を使用して、クロールするサイト、クロールする頻度、各サイトから取得するページ数を決定します。 Google にお金を支払ってサイトのクロール頻度を上げることはできません。また、Google の検索部門は、広告サービス部門とは別々に運営されています。

インデックス登録

Googlebot は、クロールした各ページを処理し、検出したすべての単語とページ上の場所を大規模なインデックスに登録します。また、title タグや alt 属性など、主要なコンテンツタグや属性に含まれる情報も処理します。Googlebot はさまざまなコンテンツを処理できますが、すべての種類を処理できるわけではありません。たとえば、一部のリッチメディア ファイルや動的ページのコンテンツは処理できません。

検索結果の表示

ユーザーが検索を開始すると、Google のコンピュータはインデックスを検索して一致するページを探し、最も関連性の高い検索結果を返します。関連性は 200 を超える要因によって決定されます。他のページからのリンクに基づいてページの重要性を測定する PageRank は、そのうちのひとつにすぎません。サイトページに対する別のサイトからのリンクも、それぞれサイトの PageRank に追加されます。ただし、すべてのリンクが等価値なわけではありません。Google では、検索結果に悪影響を及ぼすスパムリンクなどの行為を識別できるよう努めています。PageRank で重要性が高いと判断されるのは、コンテンツの品質に基づいて行われるリンクです。

検索結果ページでサイトを上位に表示させるには、Google がサイトを適切にクロールしてインデックス登録できるようにすることが重要です。ウェブマスター向けガイドラインで、サイトのランクを上げるためのおすすめの方法を紹介しています。

Google のもしかしてオートコンプリート機能は、関連語句、よくある誤字脱字、人気クエリを表示することで、ユーザーが時間を節約できるように設計されています。これらの機能で使用されるキーワードは、Google のウェブクローラと検索アルゴリズムによって自動的に生成されます。このように予測結果が表示されるのは、ユーザーの時間を節約できると考えられる場合のみです。Google の検索アルゴリズムでサイトのコンテンツがクエリに密接に関連していると判断されると、そのクエリに対し、サイトが上位にランクされます。

5 各言語バージョンを見つけやすくする

1 つのページに 1 つの言語

ウェブサイトを複数の言語で公開している場合、各ページのコンテンツやナビゲーションには 1 つの言語を使用します。翻訳を同じページに表示することは避けてください。

URL で言語がわかるようにする

各言語のコンテンツは別々の URL で提供し、URL を見れば言語がわかるようにします。たとえば、「www.mysite.com/de/」という URL にすると、そのページがドイツ語で書かれていることがユーザーに伝わります。

ターゲット言語

[hreflang](言語)メタタグを使用して、Google にターゲット言語を示します(HTML では、「href」は「ハイパーテキスト リファレンス」の略で、すべての HTML リンクのコーディングに使用されます。「lang」は language(言語)の略です)。

相互リンク

ユーザーが最初にどのバージョンのサイトにアクセスした場合でも、地域や言語を選択できるように、すべてのページの右上に切り替えボタンを表示します。

動的コンテンツ

Google では、コンテンツに対して言語ごとに別々の URL を使用することを推奨していますが、ウェブサイトがユーザーの IP アドレスの位置を認識して関連するコンテンツや言語を自動で表示する、動的でパーソナライズされたコンテンツにも対応しています。そのため、サイトで動的な構造を使用していても書き換える必要はありません。そのようなサイトはオンライン検索の結果に表示され、動的コンテンツを提供しているサイトが不利になることはありません。

避けるべき習慣:

定型的なテキストのみの翻訳

ウェブサイトの定型的なテキストのみを翻訳し、残りのコンテンツを 1 つの言語で表示したままにすることは避けてください(これはフォーラムなどのユーザー作成コンテンツを提供するページでよく見られます)。同じコンテンツの定型的なテキストがさまざまな言語で何度も検索結果に表示されると、ユーザー エクスペリエンスが低下する可能性があります。

自動翻訳

自動翻訳によりコンテンツが意味を成さなくなり、ユーザーがサイトを正しく理解できなくなることがあります。robots.txt を使用して、自動的に翻訳されたサイトページを検索エンジンがクロールしないようブロックしてください。

Cookie を使用しない

Cookie やスクリプトを使用してページの翻訳バージョンを表示することは避けてください。Google はそのような動的コンテンツをクロールしてサイトのコンテンツを適切にインデックス登録することはできず、ユーザーもそうしたコンテンツを見ることができません。

6 ユーザーの意図を理解する

あらゆる Google 検索の中心にいるのは、レビュー、購入しようとしている商品、価格比較など、購入関連の情報を得ることを意図したユーザーです。

ユーザーの意図を的確に把握する最善の方法は、マーケティング分析を活用することです。Google 広告キーワード プランナーを使えば、どのキーワードでウェブサイトにアクセスされているかを確認できます(有益なロングテール キーワードも使用することをおすすめします)。これらのキーワードを分析することで、サイトのユーザーが何を探しているかをより深く理解し、それに合わせてコンテンツ戦略を策定できます。

ロングテール キーワードとは、より具体的な 3~5 語のフレーズのことで、ユーザーが実際に購入を検討しているときに使用されます。たとえば、あるユーザーが「ダイニング チェア」というキーワードで検索を開始した場合、さまざまなウェブサイトを訪問し、デザインを比較しながら選択肢を絞り込んだ後で、「イームズ スタイルのコンテンポラリー ダイニング チェア」を検索するかもしれません。

このようなユーザーの行動に合わせてコンテンツを作成することで、ユーザーが求めるコンテンツを即座に提供できるため、効果的にトラフィック、クリックスルー、見込み顧客数、販売、コンバージョンを改善することが可能です。

7 オンページ SEO とオフページ SEO

Google がウェブサイトを他と比較して評価する際、どのキーワードでのランクインを意図しているか(オンページ)と、検索結果におけるランク(オフページ)を正確に確認します。

そのため、Google がサイトの内容を明確に理解してページを簡単にインデックス登録し、サイトの構造やコンテンツをスムーズに移動できるようにすることで、サイトのランク付けが正確に行われるようにする必要があります。特に、国内または世界レベルで通用するオンライン コンテンツの提供を目指す場合、検索結果の上位に表示されるように努力することは重要です。

オンページ SEO

海外向けオンページ SEO の目標は、Google がページの位置を特定し、内容を識別しやすくなるように、ページを最適化することです。そのため、グローバルな URL を合理的かつ繰り返し可能な方法で整理して、ローカライズされたコンテンツをサブディレクトリ、サブドメイン、またはドメインによって地域ターゲティングできるようにします。

ターゲットとする国ごとにサイトをローカライズしつつも、世界中で一貫したブランド プレゼンスをアピールすることが重要です。デザインをローカライズすることで、重複コンテンツのリスクを減らし、ユーザー エンゲージメントを向上させることができます。

効果的にオンページ SEO を行うには、以下をローカライズする必要があります。

  • URL
  • title タグ(ローカライズされたターゲット キーワードを使用)
  • 見出し(H1)
  • body の内容
  • alt 属性(画像ファイルの名前など)
  • メタタイトルとメタ ディスクリプション
  • ナビゲーション ラベル
  • 住所情報
  • アップロード速度
  • モバイル対応度
  • 内部リンク(内部ブログへのリンクなど)

オフページ SEO

オフページ SEO は、他のウェブサイトからのリンクを構築することによって、また、基本的にサイト外で行われるすべての最適化を通じて、サイトの権威性を高めるための対策です。ウェブサイトへのリンク数が多いほど、Google 検索で上位に表示されます。サイトへのリンクを増やす方法をいくつか紹介します。

  • 魅力的で内容の充実した、ローカライズされたサイト コンテンツを作成する

  • ソーシャル メディア マーケティング - コンテンツを広く共有してもらう

  • 第三者のサイトで信頼性の高いレビューを書いてもらう

  • 記事の共有 - ユーザーに興味を持ってもらえるような質の高い記事(ウェブサイトへのリンク付き)を、評判の高い PR 記事投稿ディレクトリに投稿する

  • 画像や動画の投稿 - 画像や動画の投稿サイトに、サイトのタイトル、説明、タグ、リンクを含む画像や動画を投稿する

  • ドキュメントの共有 - ドキュメント共有サイトで、ユニークで価値の高いコンテンツを PDF または ppt 形式で共有する

8 Google がウェブサイトのターゲット国を判断する方法

国別コード トップレベル ドメイン名(ccTLD)

ドイツ向けに .de、中国向けに .cn など、ターゲットとする地域や言語ごとに複数のウェブサイトを用意することで、ユーザーと検索エンジンの両方に対して、サイトが明示的に特定の国をターゲットとしていることを示すことができます。国によっては ccTLD の使用が制限されていることもあるため、使用可能かどうか確認する必要があります。

Tip

Google は、.tv や .me など一部のバニティ ccTLD をジェネリック トップレベル ドメイン(gTLD)として扱います。このようなドメインは、特定の国をターゲットとするものではなく汎用的であるとみなすユーザーやウェブマスターが多いからです。Google がジェネリックとして扱うドメインの一覧をご覧ください。

地域ターゲティング設定

多地域 / 多言語対応ウェブサイトを 1 つのサイトとして作成する場合は、ジェネリック(gTLD)ドメインを使用する必要があります。ドメインが 1 つの場合、SEO 対策も 1 つだけで済むというメリットがあります。1 つのジェネリック(gTLD)ドメインを使用する場合、言語ごとにフォルダに分けます(例: myamazingsite.com/en/、myamazingsite.com/de/、myamazingsite.com/es/)。元の英語版サイトの信頼性を高めることで、他の言語のフォルダにもプラスの影響を与えることができます。

特定の国に固有のコンテンツについては、地域ターゲティングを使用して、特定のページがその国のユーザーにとって関連性が高いことを Google に示します。サイトが .com、.org、.net などの gTLD を使用している場合は、Search Console国ターゲティング ツールを使用して、サイトが特定の国をターゲティングしていることを Google に示すことができます。ただし、サイトで複数の国をターゲティングしている場合はこのツールを使用しないでください。

Tip

.eu、.asia などの地域トップレベル ドメインは、特定の国に固有のものではないため、Google はこれらのドメインをジェネリック トップレベル ドメインとして扱います。

サーバーの場所

サーバーの場所(サーバーの IP アドレスで判断)はユーザーの現在地に物理的に近いことが多いため、サイトのターゲット ユーザーについてのシグナルとなる場合があります。ただし、一部のウェブサイトは、分散型コンテンツ配信ネットワーク(CDN)を使用していたり、ウェブサーバーのインフラストラクチャが充実している別の国でホストされていたりするため、サーバーの場所は決定的なシグナルにはなりません。

その他のシグナル

サイトのターゲット ユーザーについてのその他の手がかりとして、サイトページに記載された住所や電話番号、現地語や現地通貨の使用、他の現地サイトからのリンク、Google マイビジネス(利用可能な場合)の使用などがあります。Google では地域ターゲティングに場所のメタタグ(例: geo.position や distribution)や HTML 属性を使用しません。

9 URL 構造

地域ターゲティングをページごとに判断するのは難しいため、URL 構造を使ってウェブサイトをいくつかのセグメントに分けて地域ターゲティングを判断するほうが理にかなっています。以下に、すべてのオプションのメリットとデメリットを示します。

URL 構造 メリット デメリット
国別 example.ie 地域ターゲティングが明確

サーバーの場所に依存しない

サイトの分割が簡単
高価(利用が制限される場合もある)

より多くのインフラが必要

ccTLD の要件が厳しい(一部)
**gTLD のサブドメイン de.example.com 設定が簡単

Search Console の地域ターゲティングを使用できる

複数の場所のサーバーを使用できる

サイトの分割が簡単
ユーザーは URL のみからでは地域ターゲティングを認識できない場合がある(例: 「de」が言語なのか国なのかが不明)
gTLD のサブディレクトリ example.com/de/ 設定が簡単

Search Console の地域ターゲティングを使用できる

管理しやすい(ホストが同じ)
ユーザーは URL のみからでは地域ターゲティングを認識できない場合がある

サーバーの場所は 1 か所のみ

サイトの分割が難しい
URL パラメータ site.com?loc=de 非推奨 URL ベースの分割が難しい

ユーザーは URL のみからでは地域ターゲティングを認識できない場合がある

Search Console の地域ターゲティングを使用できない

いずれの構造を選択した場合でも、ウェブサイトの言語フォルダごとに同じ方法で階層を整理して、クロールしやすく、直感的に理解できるようにしてください。

10 重複するコンテンツと国際サイト

同じコンテンツを複数の言語に翻訳し、それを異なる URL で提供すると、コンテンツの重複が発生することがあります。コンテンツが複数の国のユーザーをターゲットとしているのであれば、これは通常、問題にはなりません。独自性のあるコンテンツを提供し、別の言語に翻訳する際にコンテンツの意味が変わらないようにすることを強くおすすめしますが、それが難しい場合もあります。

ページの複数の言語バージョンを区別し、検索ユーザーの言語や地域に対応した URL を提供するには、rel-alternate-hreflang のガイドラインを遵守してください。hreflang を使用しない場合、コンテンツの価値が失われ、期待するトラフィックを得られない可能性があります。

robots.txt ファイルで、または ‘noindex’ robots メタタグを使用してクロールを拒否する場合は、重複を隠す必要はありません。ただし、同じコンテンツを同じユーザーに異なる URL で提供する場合(example.de/ と example.com/de/ の両方で、ドイツ語のコンテンツをドイツ語ユーザーに提供する場合など)、いずれかを優先 URL として選択し、その URL にリダイレクトされるようにする必要があります(または rel=canonical リンクを使用します)。

11 ウェブサイトのグローバル化

すべてのユーザーを平等に扱う

ご自身のビジネスを、海外のユーザーを持つローカル ビジネスではなく、ローカルなユーザーを持つ国際企業として考えて、すべての市場のユーザーを平等に扱います。ウェブサイトのデザイン、機能、コンテンツが、どの国や地域のユーザーに対しても同じユーザー エクスペリエンスを提供できるようにします。

汎用ウェブサイトを 1 つ用意するか、ローカライズしたサイトを複数用意するか

多言語対応の汎用ウェブサイトの場合は、複数の言語でコンテンツを提供します。たとえば、カナダの企業が英語とフランス語のサイトを用意している場合や、ラテンアメリカでサッカーブログをスペイン語とポルトガル語で書く場合などです。.com などの単一のドメインで多言語対応の汎用サイトを作成すると、次のようなさまざまなメリットが得られます。

  • グローバルな企業であることをアピールできます。
  • サイトを手早く簡単に登録し、コストを抑えることができます。
  • ユーザーが見つけやすくなります。

ただし、ローカライズする各市場のユーザーのニーズを満たす必要があることに変わりはありません。

各地域用にローカライズした複数のウェブサイトの場合は、さまざまな国のユーザーを明示的にターゲットに設定します。各地域用に複数のウェブサイトを用意し、それぞれで .ie、.de、.fr などの国別コード トップレベル ドメイン(ccTLD)名を使用します。

  • 各国ユーザーとのつながりが強調され、ユーザーは自分の使い慣れた決済方法を使って、自国語で製品やサービスを購入できるという安心感を得られます。
  • ただし、市場ごとに ccTLD を購入、登録するため、時間がかかり、コストも大きくなる場合があります。

複数地域、複数言語の両方に対応しているサイトもあります。たとえば、米国向けとカナダ向けのバージョンがあり、カナダ向けバージョンにフランス語版と英語版があるサイトなどが考えられます。

ドメイン名の選択

トップレベル ドメインとは接尾辞(.com、.org、.net など)のことを指し、多くの e コマースサイトは最初に .com を選択しています。ユーザーは検索エンジンなしで企業を探す際に、まず .com を使用するからです。Google のシステムではコンテンツから言語が判断されますが、ユーザーにとって、URL もコンテンツの言語を知る手がかりとなります。たとえば、以下の URL はフランス語のコンテンツであることを明示するため、サブドメインまたはサブディレクトリに .fr を使用しています。

  • http://example.ca/fr/vélo-de-montagne.html
  • http://fr.example.ca/vélo-de-montagne.html

URL で言語を示すことで、ウェブサイトの多言語コンテンツの問題を見つけることもできます。URL の単語を翻訳することや、国際化ドメイン名(IDN)を使用することは問題ありません。

地域リダイレクト

海外向け SEO を適切に行うことで、Google 検索ユーザーはウェブサイトの適切な言語バージョンにアクセスできます。たとえば Google.com にアクセスすると、該当する国の Google 検索ページへ自動的にリダイレクトされます。しかし、スペインの IP アドレスから英語のコンテンツを探しているユーザーを想像してください。このユーザーをスペイン語セクションにリダイレクトすると、ユーザー エンゲージメントが低下してしまいます。どのようなオプションがあるでしょうか。

地域リダイレクトなしの場合は、ユーザーはスペインの IP に関係なく英語ウェブサイトへのアクセスを継続できます。

決済まで地域リダイレクトなしの場合は、[今すぐ購入] まではユーザーが選択でき、決済後は自動的にリダイレクトされます。

自動地域リダイレクトの場合はユーザーに選択権はなく、自動的にスペイン語コンテンツにリダイレクトされます

「スペイン語サイトに移動しますか、それとも英語サイトにとどまりますか」など、地域ダイレクト バナーのポップアップが表示された場合はユーザーが選択できます

アップロード速度

すべてのユーザーが 4G ネットワークにアクセスできるわけではありません。世界の大部分はまだ 3G 以下のネットワークです。サイトの読み込み時間をできるだけ短くし、ユーザーが途中で離脱しないようにします。アップロード速度を上げるためのヒント:

  • 目を引くメディアはユーザーの関心を引き付けることができます。しかし多すぎるとウェブサイトの読み込みに時間がかかり、ユーザーは最も重要な情報を読む前に離脱してしまいます。使用する画像を圧縮しましょう。
  • ナビゲーション リンク数を制限します。
  • 操作の邪魔になるポップアップやその他の機能は使用しないようにします。

ローカライズ

ローカライズされたウェブサイトは、自国のウェブサイトと同じコンテンツでも輸出対象国の文化を考慮しながら翻訳を行う必要があります(英語の話し言葉など単純に訳出することができない場合、トランスクリエーションを使えばターゲット言語と同じ意味や印象を伝え、同じ反応を引き出すことができます)。新規市場での必須要件を次に示します。

  • 顧客の言語を使用する
  • ウェブサイトのローカライズ バージョンを作成する
  • 自社のブランディングを基盤に据える
  • 検索性を高める
  • 通貨と決済方法を決める
  • 顧客満足度を維持する
  • 法律を守る
  • 細部まで注意を払う

設計開発

Unicode は、スクリプトに関係なく一貫性のあるテキスト表示を促進するために策定された業界基準です。ギリシャ文字やキリル文字、中国語、アラビア文字、ヘブライ文字など、左から右書きまたは右から左書きに関係なく使用できます。Unicode は 100 以上のスクリプトに対応しており、10 万以上の文字があります。最も一般的に使用されているのは UTF-8 です。

12 各市場向けウェブサイトのベスト プラクティス

重要な情報はページ上部に配置する

スクロールしなくてもすぐに読めるようにします。

簡潔にまとめる

ユーザーが主に使用するのは携帯電話やタブレットの小さな画面です。使用する画面サイズに関係なく、サイト訪問者が目的の情報を見つけられるよう、ユーザーのデバイスに自動的に調整するウェブサイトを作成しましょう。

テキストの作成

ユーザーを引き付けるわかりやすい見出しを書く

ウェブサイトの見出しをわかりやすくしてページの内容を伝えることで、ユーザーのサイト滞在時間が長くなります。

色を活用する

色も表現の一つです。新規市場でウェブサイトを立ち上げる前に、潜在市場における色との関係を調べておきましょう。色が持つ意味は国によって異なります。たとえば、西洋において白は結婚式の色ですが、中国では葬式の色です。高貴な色といえばインドでは赤、イギリスでは紫、中国では黄色です。

メリットを明記する

ユーザーが商品やサービスの魅力をすぐに理解できるようにしましょう。メリットを箇条書きにするのもよいでしょう。

詳細情報にすぐにアクセスできるリンクを用意する

[詳細] リンクを目立つように掲載しましょう。

行動を促すフレーズを使用する

ユーザーに期待する行動が明記されていれば、サイト訪問者が商品やサービスの購入に至る可能性が高まります。

顧客との関係を構築する
  • ユーザーの信頼を得るため、問い合わせ先を明記する。

  • ユーザーに個人情報の入力を求める場合は、その理由と目的を明確に伝える。

  • お客様の声や第三者の評価を掲載する。

  • 広告やスポンサー リンクを掲載する場合は、その他のコンテンツと明確に区別する。

13 アプリを設計する

地域の文化に合わせたデザイン

すべての要素は、対象地域のユーザーが違和感を覚えないものにする必要があります。アプリのグラフィック、画像、色、スタイル、文体、機能、決済方法は、ローカライズします。ゲームの場合、キャラクターの変更が必要な場合もあります。特に、文化への配慮が欠けていると受け取られかねない要素をなくすことが必要です。

レイアウト

対象となる国ごとに左から右書きまたは右から左書きに対応できるようデザインします。日付、時間、数字、通貨に適切な形式を使用します。既定のリソースのフルセットを含めます。

アプリの最適化

対象市場によっては、以下のような課題を抱えている可能性があります。

  • ネットワーク接続が低速で不安定、または高価
  • デバイスの画面、メモリ、プロセッサの性能が低い
  • 日中に充電する機会が限られている

こうした市場でアプリを成功させるため、Google ではこれらの問題に対処する方法をまとめました。何十億人ものユーザーを満足させるアプリを構築する方法をご覧ください