オンライン プレゼンスをドイツ市場に適合させる

ドイツでのマーケティングとローカライズのためのガイド

1 概要

このガイドでは、ドイツのユーザーに親近感を持ってもらう方法を説明しています。ウェブサイトをドイツの文化に調和させることで、ユーザーは好感を抱き、安心してビジネスを行うようになります。ここに挙げる細かいながらも重要な点を把握すれば、新たな市場で有利なスタートを切れるでしょう。

2 主要言語

ドイツでは、話し言葉と書き言葉ともに主要言語はドイツ語です。

2018 年の EF EPI(英語能力指数)報告書によると、ドイツは 88 か国中 10 位です。

3 フォーマル度

ドイツのユーザー向けのメッセージは、フォーマル、カジュアルのどちらにすべきでしょうか。

ドイツでは、多くのプロダクトにおいてカジュアルな表現が用いられています。ときには、遊び心やユーモアのある表現も見られます。このようなプロダクトには、YouTube、Gmail、Google Play などがあります。

金融商品、司法サービスや、金銭に関わる内容の場合は、よりフォーマルなトーンとスタイルを用いたほうがよいでしょう。

ドイツでのビジネスのしやすさ

世界銀行による Ease of Doing Business 2020 レポートでは、ドイツは 190 か国中 22 位となっています。

4 数体系と表示形式

数字

小数点の記号
  • カンマ(,)を使用します。
    • 例: 1,5 時間
3 桁ごとの区切り文字
  • ピリオド(.)を使用します。
    • 例: 1.524 人
電話番号
  • 電話番号は通常、国番号と市外局番以降の形式で表します。
  • 例: (+49) 30 12345678

  • 国番号を付けない場合の番号は、030 12345678 の形式です。

  • 携帯電話番号は 0151 で始まります。

    • 例: 0151 1234567
  • 国番号付きの携帯電話番号は次の形式です。

    • 例: +49 151 1234567
  • 通常のフリーダイヤル番号は、0800 2 123456 の形式です。

5 通貨の表示形式

ドイツでは商取引をユーロで行います。これは、ユーロ記号 または 3 文字の通貨コード EUR で表されます。€ は数字の後に付けます。硬貨の単位はセントで、c で表します。

紙幣の種類は 500€、200€、100€、50€、20€、10€、5€ です。
硬貨の種類は 2€、1€、50c、20c、10c、5c、2c、1c です。

契約においては、常に「200 EUR」の形式で金額を表示することが義務付けられています。例: 「未払い額は 200 EUR です。」

6 日付の表示形式

ドイツでの日付の表示形式は DD/MM/YYYY です。数字を区切る文字として、ピリオドもよく使われます。例: 24.03.2017。

7 時刻の表示形式

ドイツでは、書面と口頭の両方で 24 時間形式が使用されます。

24 時間形式はデジタル デバイス(PC、スマートフォン、タブレットなど)に適した形式です。Android の標準表示形式でもあり、区切り文字にはコロンが使用されています(例: 14:24)。

8 営業日

標準的な営業日は月曜日から金曜日までです。

9 ドイツで避けるべきこと

どのような文化にも、常に留意すべきさまざまな迷信的習慣やしきたりがあります。特に、初めてのマーケットに参入する際には気を付けなければなりません。

ドイツでは、誕生日を迎える前の人に対して「誕生日おめでとう」と言うのは大変縁起が悪いこととされています。

10 ローカライズの有用なヒント

以下に、時間をかけることなくドイツ市場に溶け込む有用なヒントを 5 つ紹介します。

  1. スペル、句読点、価格設定、日付形式、単位、用語の違いに注意します。

  2. 自国語で使われる口語表現や言い回しは、ドイツ市場向けに翻訳できない可能性があるため、避けるようにします。たとえば、特定の地域でしか通用しないスラングなどです。

  3. ドイツのオーディエンスを混乱させたり、不快にさせたりしないよう、文化の違いを考慮します。たとえば、プロモーションで「ホワイトデー」という言葉を使ったり、意味が通じると考えたりしないようにします。

  4. 翻訳者を支援するため、できるだけ多くのコンテキストを提供します。たとえば、コミュニケーションの目的やターゲット オーディエンスを知らせます。また、テキストの配置場所がわかる視覚的資料を提供したり、ネイティブ スピーカーを使ってコミュニケーション内容をチェックしたりします。

  5. 現地で違和感のないように、直訳や堅苦しい翻訳は避けます。

11 その他のガイドライン