グローバルにビジネスを展開する戦略

グローバルにビジネスを展開する: 概要

課題

どの訪問者にも関連性があるウェブサイトを作ることです。決済手段の詳細、検索キーワード、言語、合法性を正しく理解して、ウェブサイトにアクセスするユーザーが世界のどの場所にいるとしても、強い信頼関係を築きます。

目標

ご自身のビジネスを、海外のユーザーを持つローカル ビジネスではなく、ローカル ユーザーを持つ国際企業として考えてください。

そのための方法

1 検索性を高める

海外向けの SEO 戦略を現地に合わせて調整する手段は、翻訳だけではありません。それぞれの市場で良い結果を出すキーワードの最適化案だけでは不十分です。新しいユーザーが市場でどのような行動をしているのかを学び、ユーザーにビジネスを見つけてもらえる最善の方法を知る必要があります。

2 通貨と決済方法を検討する

現地通貨での価格表示は不可欠です。ユーザーが通貨を換算しなければならないと、行動を妨げてしまう場合があるためです。

国ごとに、決済方法の選択も異なります。世界中のオンライン買い物客のうち 30% は、自分が選びたい決済方法を利用できないサイトでは、購入を避けることがあると答えています1

クレジット カードとデビットカードは多くの欧州諸国で最も利用されている決済方法ですが、ドイツでは、クレジット カードの使用を選ぶ人は全体の 25% にすぎません。口座振替による電子決済(ELV)は、ドイツの消費者の 38% に好まれている決済方法です。スウェーデンとポーランドでは、買い物客の 35% が e コマースの取引にオンライン バンキングを選択します。スウェーデン人はさらに 20% が未決済請求書を使用しています。ポーランドでは、ユーザーの 15% がオンライン購入に現金ベースの支払い方法を選びます。オランダでは、購入者の 55% がオンライン決済に iDeal を使用します。これは、ドイツの ELV に似た決済方法です。中国の消費者はアリペイと Tenpay を好みますが、代金引換も選ばれています。

このように、新しく進出する市場で好まれている決済方法を知っておいて損はありません。換算レートと一致するよう、価格を定期的に計算し直すことを忘れないでください。

製品やサービスを新規市場に展開するたびに、必ず対応を変えなければならないわけではありません。つまり、ブランドの書き換え、製品やサービスの全面的な変更は必要ないこともあります。Market Finder を使用すれば、必要なデータとインサイトをすべて入手できます。このような情報によって新規市場のリサーチが簡単かつ実践的になり、現地の製品やサービスと同じような親近感をユーザーに与えることができます。

3 ユーザー満足度を維持する

企業の成長にとって重要な鍵となるのは、カスタマー サービスです。うまく運営できれば、販売の増加と見込み顧客の発掘につながります。そのため、カスタマー サービスは、グローバル展開において考慮すべき重要な要素です。

少なくとも、新規顧客が母国語を使って、商品やサービスの問い合わせや返品を行えることは必須です。新規市場で顕著なプレゼンスを得ようと計画している場合は、現地の言語を話すサポートチームが必要です。ただし、小規模から始める場合は、多言語対応のヘルプデスク、リアルタイムなチャット翻訳、多言語フォーラムやコミュニティなど、リスクとコストがともに低い選択肢も用意されています。

4 法律や規則を守る

対応が必要になる規制を調査し、内容を理解します。こうした複雑な領域では、知識と経験において現地の専門家に勝るものはありません。以下などの領域を確認してください。

  • ライセンスと許可 - 製品やサービスを販売するのに特別な許可は必要ですか。

  • - 表示が求められる価格は税込みですか、税抜きですか。支払う必要がある税の種類と知っておくべき免税措置を把握します。

  • 商標、特許、著作権 - これらのいずれかを申請する必要はありますか。少なくとも、侵害しているものがないことを確認してください。

  • データのプライバシー - プライバシーに関する法律でユーザーデータの収集は許可されていますか。

  • 年齢制限 - 年齢制限のある商品を販売する場合、e コマース プラットフォームでの確認要件を調べておきましょう。

  • 事業保険 - 一般的な法的責任のほか、製品やサービス、職業、商業に関する法的責任について考えてみてください。必須の保険やご自身を守るために必要な保険は何ですか。

  • 梱包とラベル付け - どのような制限や要件がありますか。

  • 広告 - 許可されていること、されていないことを理解します。

世界銀行が発表している「ビジネスのしやすさ指数」(Doing Business Index)を使用すれば、その国でのビジネスのしやすさをあらかじめ知ることができます。これは、世界の経済圏ごとに、企業にとって現地法人を設立、運営することがどれだけ容易かを 1~190 の範囲で示したもので、10 個のテーマ(電気事情、信用の得やすさ、越境取引のしやすさなど)に沿って評価されています。

こちらからご覧ください。

5 ブランディングを構築する

グローバルなブランドはコミュニケーションに一貫性があり、ロゴ、ビジョン、価値観が 1 つに統一されているものです。そうすることで、世界中の誰からも認識されやすくなります。組織を人間に見立てた場合、ブランドはその人柄であると考えることができます。ブランドを支持する人たちは、自分が慣れ親しみ、重要だと感じているブランドに変化が起きるのを望まないでしょう。ブランディングの目標は、世界中のどこに展開しても、同じブランドの見た目、イメージ、ふるまいを維持することです。ただし、ブランドをローカライズして、それぞれの新規市場で検索性を確保することも不可欠です。バランスの取れた対応が求められます。

6 ユーザーの言語を使用する

消費者の約 75% は、母国語のウェブサイトで商品を購入する傾向が高いことがわかっています1。そのため、ビジネスのグローバル展開を成功させるには、対象市場の言語を使うことが不可欠です。すべての言語パターンを考慮してください。たとえば、スイス、カナダ、南アフリカなどは多言語国家です。中国語、アラビア語、スペイン語などの言語には多くの方言があります。

Tip

アプリを扱っている場合、以下の情報も役立ちます。

  • アプリのインストール数、ユーザー フィードバック、ソーシャル メディアを調べて、需要が見込める市場を特定する
  • Google Play Console で最適化のヒントを参照して、アプリがすでに人気を得ている国がないか確認する
  • Google Play Console の言語選択ページでは、以下を確認できます。
    • 自分のアプリと似たアプリがインストールされている上位の言語と国
    • そうした言語のユーザーによるインストール率
    • そうした国の市場への参入計画に役立つその他の情報

対象とする市場で使われている言語を確認し、必要に応じてローカライズします。たとえば、オランダ人の 87% は英語を話します。そのため、オランダでウェブサイトの翻訳は不要かもしれません。ただ、ポーランドでは 95% がポーランド語のウェブサイトを好みます2。Market Finder を使用すれば、現地の好みを調査し、複数の地域に向けてウェブサイトを多言語展開する管理が容易になります。新規市場でのローカライズについて、詳細なガイドとインサイトなど、必要なサポートおよびツールのすべてを利用できるようになります。

Market Finder を使って、参入する重要な市場を特定してください。