検索広告とディスプレイ広告の使い分け

検索広告キャンペーンとディスプレイ広告キャンペーンの比較

課題

Google 広告には、検索ネットワークとディスプレイ ネットワークという 2 つの主要ネットワークがあります。この 2 つのネットワークにより、200 万以上のウェブサイトで、90% を超えるインターネット ユーザーに広告を表示できます。1基本的に、ディスプレイ広告キャンペーンはプッシュ型で、検索広告キャンペーンはプル型です。ここでの課題は、どのような場合にどちらの広告を使用すべきかを見極めることです。

目標

グローバルなキャンペーンの目標を達成するために、検索広告とディスプレイ広告のどちらがより適しているかを判断すること。

そのための方法

Google 広告ネットワークは、世界中の何百万ものウェブサイトで適切なユーザーを見つけられるように設計されています。検索ネットワークとディスプレイ ネットワークのいずれかまたは両方を使用して、最適な場所に適切なタイミングでメッセージを表示することで、見込み顧客に戦略的にアピールできます。検索広告は、すでに特定の商品やサービスを検索しているユーザーに表示されます。一方、ディスプレイ広告は、ウェブ ブラウジング、メールの利用、動画の視聴の後にターゲティングされていたユーザーに表示されます。この 2 つのうち、よりニーズに合った広告を選択する必要があります。以下に、その判断方法を簡単に説明します。

Google 広告の検索広告キャンペーン

検索ネットワークでは、すでに特定の商品やサービスを検索しているユーザーに広告を表示できます。検索キャンペーンは、次のような場合に使用します。

商品やサービスのキーワードの検索ボリュームが大きい場合

検索ボリュームとは、一定期間に特定のキーワードが検索される回数のことです。検索ボリュームが大きい場合、ユーザーはすでにその商品やサービスを検索しているため、認知度向上の優先順位は低くなります。検索ボリュームはキーワード プランナーで確認できます。

初期予算が限られている場合

新規市場をテストする際に初期予算を制限したい場合、検索ネットワーク キャンペーンを使用することで直接コンバージョンが促進されるため、費用を抑えながら簡単に効果を測定できます。良好な測定結果が得られた場合は、ブランド認知度の向上を目指してディスプレイ キャンペーンを開始します。これにより、ブランド名の検索ボリュームを増大させることができます。

検索広告キャンペーンについて詳しく知る

Google 広告のディスプレイ広告キャンペーン

ディスプレイ ネットワークでは、デジタル世界全体でさまざまな広告フォーマットを使用して、購入サイクルの早い段階でユーザーの注意を引き付けることができます。ディスプレイ キャンペーンは、次のような場合に使用します。

商品やサービスのキーワードの検索ボリュームがそれほど大きくない場合

検索ボリュームはキーワード プランナーで確認できます。ターゲット市場のデータについてはこちらをご覧ください。Google 広告のディスプレイ キャンペーンでは、提供する商品やサービスを示すキーワードでウェブサイトをスキャンして、その商品やサービスに関心を持つユーザーに積極的に広告を表示することで、認知度と検索ボリュームを向上させることができます。

ブランドに対するユーザーのエンゲージメントを高めたい場合

ブランドに対するエンゲージメントを強化したい場合は、Google 広告のディスプレイ ネットワークを利用すると、世界中の数千ものウェブサイトで、最適な場所に適切なタイミングで広告を掲載してユーザーにアピールできます。Google 広告のプレースメント ターゲティングでは、リッチメディア広告フォーマットとインプレッション単価制を使用することで、ブランドに関連性の高いユーザーに広告を表示できます。

ブランドの想起率を常に高いレベルに維持したい場合

高価で高級な商品(高品質の宝石や時計など)を提供する場合には、ディスプレイ広告が最適な宣伝方法となります。さらに、ユーザーはより高価で高級な商品を購入する前に、慎重に検討しながら価格比較を行うため、Google 広告のディスプレイ ネットワークのリマーケティング キャンペーンを通じて、ブランドの想起率を高いレベルに維持できるというメリットもあります。

新規市場向けにローカライズした動画を作成済みの場合

すでに動画広告を作成している場合、無料の YouTube ユーザー チャンネルを設定して、ブランドのイメージや輸出市場の嗜好に合わせてデザインをカスタマイズできます。これにより、最も人気の高いインターネット動画サイトをブランドの軸として活用できます。ディスプレイ広告キャンペーンの作成について詳しく知る

Tip

2 つの広告の長所を活かす: Google 広告の検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)を使えば、検索キャンペーンの有効性を損なうことなく、ディスプレイ ネットワークの強みを活かしてより多くのユーザーに広告を表示できます。この方法により、簡単に検索キャンペーンをディスプレイ ネットワークに拡張して、質の高いクリックを増やし、投資収益率を向上させることができます。追加の最適化作業は必要ありません。これは、広告の効果が最も高くなる場所を正確に予測し、ターゲット ユーザーに関連性の高い場所にのみ広告が表示されるようにすることで可能になります。詳しくはこちらをご覧ください。

出典