オンライン プレゼンスをオーストラリア市場に適合させる

オーストラリアのユーザーにアピールするためのガイド

1 概要

このガイドでは、オーストラリアのユーザーに親近感を持ってもらう方法を説明しています。ウェブサイトをオーストラリアの文化に調和させることで、ユーザーは好感を抱き、安心して取引を進めるようになります。ここに挙げる細かいながらも重要な点を把握すれば、新たな市場で有利なスタートを切れるでしょう。

2 主要言語

オーストラリアでは、話し言葉と書き言葉ともに主要言語はオーストラリア英語です。 多文化主義の国ではありますが、ほとんどのユーザーは英語によるコミュニケーションを好みます。

オーストラリア英語のスペルの大部分はイギリス英語に似ており、アメリカ英語とは異なります。たとえば、オーストラリア英語の多くの単語には、アメリカ英語では「u」が入らないところに「u」が入ります。

次に例を示します。

オーストラリア英語 アメリカ英語
Favour Favor
Colour Color
Honour Honor

ただし、「Australian Labor Party(オーストラリア労働党)」や「Victor Harbor(ビクター ハーバー)」のような一部の固有名詞には、「u」は入りません。

アメリカ英語では「z」が使われるところに、オーストラリア英語では「s」が使われます。

オーストラリア英語 アメリカ英語
Organise Organize
Maximise Maximize
Stylise Stylize

Tip

オーストラリア英語では、アメリカ英語のスペルが使われる場合があります(例: 「programme」ではなく「program」を使用)。

オーストラリア英語の単語には、イギリス英語に近いものもいくつかありますが、多くの単語がアメリカ英語に類似しています。次に例を示します。

オーストラリア英語 イギリス英語 アメリカ英語
Mobile Phone Mobile Phone Cell Phone
Public holiday Bank holiday Public holiday
Main street High street Main street
ATM Cash machine ATM
Toll-free Freephone Toll-free
Soccer Football Soccer
Taxi Taxi Cab
Autumn Autumn Fall

3 フォーマル度

オーストラリアのユーザー向けのメッセージは、フォーマル、カジュアルのどちらにすべきでしょうか。

オーストラリアでは、書面と口頭の両方でカジュアルな表現が使用されています。政治家でさえ、全国紙のインタビューでくだけた表現を使用します。

オーストラリアのユーザーは親しみやすく丁寧な言葉遣いを好むはずですが、判断に迷う場合は、よりフォーマルで、かつフレンドリーな呼称を使用することをおすすめします。

オーストラリアのユーザーはカジュアルで面白おかしい広告メッセージを目にする機会が多く、サービスや商品にカジュアルな表現が使われることも多々あります。ときには、遊び心やユーモアのある表現も見られます。YouTube、Gmail、Google Play などのサービスでも、このような遊び心のあるカジュアル トーンが主流です。

金融商品、司法サービスや、金銭に関わる内容の場合は、よりフォーマルなトーンとスタイルを使用したほうがよいでしょう。

オーストラリアでのビジネスのしやすさ

世界銀行による 2020 年の Ease of Doing Business レポートで、オーストラリアは 190 か国中 14 位です。

4 数体系と表示形式

数字

小数点の記号
  • ドットまたはピリオド(.)を使用します。
    • 例: 1.5 時間
3 桁ごとの区切り文字
  • 1000 から 9999 までの数字には区切り文字を使用しません。

    • 例: 1524 人
  • 10000 以降の数字は、10,000、100,000、1,000,000 のように(,)で区切ります。

    • 例: 19,524 人
電話番号
  • 電話番号は通常、ローカルコードの後に 8 桁の番号を続けて、「(+02) 1234 5678」のような形式で表します。携帯電話番号は 04 で始まり、「0412 345 678」のような形式で表記されます。

  • 国際電話番号は、国コード 61 の後に、先頭の 0 を除いたローカルコードを続けて、次のような形式で表します。
    例: (61) 2 1234 5678

  • 携帯電話番号は (61) 123 456 789 のように表記されます。

  • フリーダイヤルのプレフィックスは 1800 です。

知っておきたいこと

オーストラリアでは通常、1 から 9 までの数字はスペルアウト(例: one、five、nine)し、2 桁の数はアラビア数字で表記します(例: 12、24)。数字の範囲を示す記号には半角ダッシュ(–)を使用します(例: 11–19 人)。

5 通貨の表示形式

オーストラリアでは、商取引をオーストラリア ドルおよびセントで行います。オーストラリア ドルの記号は $、3 文字の通貨コードは AUD です。

紙幣の種類は $100、$50、$20、$10、$5 です。

硬貨の種類は $1、$2、50¢、20¢、10¢、5¢ です。

6 日付形式

オーストラリアでの日付の表示形式は DD/MM/YY(例: 24/03/19)です。

省略せずに記載する場合は、「24 March 2019」とします(カンマなし、th、nd、st などの序数なし)。

曜日も含めて省略せずに記述する場合は、曜日の後にカンマを入れます(例: Monday, 27 March 2019)。

7 時刻の表示形式

オーストラリアでは一般的に 12 時間形式が使用されます。

会話をはじめ多くの日常的な場面では 12 時間形式が好まれ、9:35 pm や 6.21 am のように表記されます。

24 時間形式はデジタル デバイス(PC、スマートフォン、タブレットなど)に適した形式です。Android の標準表示形式でもあり、区切り文字にはコロンが使用されています(例: 14:24)。

8 営業日

標準的な営業日は月曜日から金曜日(午前 9 時~午後 5 時)です。週末は土曜日と日曜日です。

9 オーストラリア市場で避けるべきこと

どのような文化にも、常に留意すべきさまざまな迷信的習慣やしきたりがあります。特に、初めての市場に参入する場合には、こうした慣習に気を付ける必要があります。オーストラリアでは、13 が不吉な数字と考えられていますが、それほど真面目に受け取られてはいません。

10 ローカライズの有用なヒント

次に、時間をかけることなくオーストラリア市場に溶け込む有用なヒントを 5 つ紹介します。

  1. スペル、句読点、価格設定、日付形式、単位、用語などの違いに注意します。

  2. 自国語で使われる口語表現や言い回し(スラングなど)は、オーストラリアでは使われていない可能性があるため、避けるようにします。

  3. オーストラリアのオーディエンスを混乱させたり不快にさせたりしないよう、文化の違いを考慮します。たとえば、「put a shrimp on the barbie(バーベキューでエビを焼く)」や「G’day mate!(あいさつのスラング)」などの、文化的なステレオタイプに基づいた決まり文句は、オーストラリアではほとんど使われていないため、避けるようにします。

4.マーケティング コピーを公開する前に現地の人に読んでもらい、オーストラリアのオーディエンスに合ったコピーを使用できるようにします。

  1. オーストラリアでは、言葉を短縮することが好まれます(「barbeque」を「barbie」、「this afternoon」を「this arvo」、「breakfast」を「brekkie」、「university」を「uni」など)。

11 その他のガイドライン