ランチボックスの売り上げをグローバルで 30% 増加させた Vaya Life

高品質なランチボックスを開発する企業が Google と連携して国外へとリーチを拡大した事例

目標

  • ブランド認知度の向上
  • 売り上げの増加

手法

  • それぞれの新規グローバル市場に参入する計画を作成
  • 適切な Google サービスを導入して目標にアプローチ

結果

  • グローバル市場での売り上げが 30% 増加
  • 直接販売が Vaya Life の売り上げ全体の 45% に貢献
  • マレーシアや香港などの市場でクリック率を 4.5% 改善

Vashist Vasanthakumar 氏は、世界に通用するデザインや高度な技術により、ランチボックスなどの日常製品に革命をもたらすために Vaya Life を設立しました。インドでの立ち上げでしたが、同社の高品質なランチボックスの販売はすぐに、米国、シンガポール、マレーシア、香港、フィリピン、インドネシア、韓国、台湾、タイ、オーストラリアなどの国々でも始まりました。Vaya Life がターゲットとする市場は、25~54 歳の知的職業に従事する人々です。2016 年 8 月、同社は国外へのリーチをさらに広げるべく、ブランド認知度向上と売り上げ増加のためのサポートを Google に求めました。

Vaya Life が目標としたのは、認知度を高め、自社製品に関連するキーワードの検索を促すこと、さらに Google のリーチをうまく活用して、ターゲットの市場に広告を展開することです。Google のサポートチームは、国ごとに作成した詳細な計画を Vaya Life に提供しました。そこには、業界データ、競合の状況、ブランディングとセールスに適した Google のチャネル、最適なアプローチ、3 / 6 / 9 か月の完全な計画が含まれています。Vaya Life は各市場でビジネスを立ち上げ、スマート ディスプレイ キャンペーン、ショッピング広告、そして YouTube からオーディエンスに広告を表示しました。

Vaya Life はグローバル市場で売り上げを 30% 増やし、さらに、直接販売が全体の売り上げを占める割合は 45% 増加しました。マレーシアなどの市場では、クリック率の増加が 4.5% を上回りました。現在では、Vaya Life の予算のうち 90% がデジタル マーケティングに使われ、その内訳はインド市場と国外市場でほぼ均等に分けられています。

Vaya Life は、新規市場への参入を引き続き模索しています。Google に支払うコストの効率性を高めて、投資収益率を改善することに重点を置いています。また、Google を活用して、英国とその他のヨーロッパ市場への進出も計画しています。ドリンクウェアなどの新製品も展開が進行中です。

使用された Google サービス Google 検索 Google ショッピング Google ディスプレイ ネットワーク YouTube

「Google は、カテゴリ内での消費者エンゲージメントの観点で、新たな市場についての有益なインサイトを提供してくれます。そうした情報が、当社の市場展開に役立っています。 市場の中では Google がビジネス展開の良きパートナーとなり、視認性の向上とその後のユーザー獲得を助けてくれます。」 Vaya Life の創業者兼 CEO、Vashist Vasanthakumar 氏