Google 広告を活用して輸出による収益を増やした The Heat Company

オーストリアの企業がグローバル市場への展開を成功させた方法を学ぶ

目標

  • リーチを世界に拡大
  • 国外での販売増加

手法

  • Google 広告と Google アナリティクスを使用して新しい市場とオーディエンスにリーチ
  • ビジネスモデルを全面的に見直し、卸売販売からエンドユーザーに重点を切り替え

結果

  • 売り上げの急増
  • 現在は、オーストラリア、カナダ、米国を含む国外市場に製品を輸出
  • 収益の 85% を輸出から計上

1994 年に設立されたオーストリアの The Heat Company は、アウトドア向けの防寒ウェアを製造および販売しています。Google 広告と Google アナリティクスを使用してリーチするオーディエンスの幅を広げた結果、国外での売り上げが増加し、現在は輸出による販売が収益の 85% を占めるまでになりました。

オーストリアのアルテンマルクトに本社を構える The Heat Company は、創業以来、卸売業者を利用した国内販売に注力してきました。しかし 2007 年に同社は、オンライン ショップの可能性に資金を投入し、グローバル市場に向けてビジネスを拡大することを決めました。

国外展開のターゲットとして最適な市場とオーディエンスを正確に特定するために選んだソリューションは、Google 広告と Google アナリティクスです。セールス ポイントとして重視したのは、手袋、インソール、手足用のウォーマー、首用と胴体用の温熱パッチといった自社の製品が天然素材から作られ、化学繊維を一切使用していないという事実でした。

国外で広告活動を行った結果、売り上げの急増に成功しました。「Google 広告のおかげで、当初想定していたよりも多くのユーザーにリーチできました」と話すのは、The Heat Company のディレクターである Herwig Holzer 氏です。「世界中のどこかは必ず冬で、寒さを感じている人がいます。そうした市場を明確にターゲットとすることができます。」実際のところ同社には、ヨーロッパの国々だけでなく、アルゼンチン、米国、カナダ、オーストラリア、モンゴルからも商品の注文がすぐに届きました。その結果、The Heat Company はビジネスの全面的な見直しを促され、卸売業者を経由した販売から個々の消費者への販売に重点を置くようになっています。

このように国外のユーザーに向けて広告を配信したことが収益に大きな影響を与え、現在は世界各国への輸出が収益の 85% を占めています。「Google 広告はとても優れています」と Holzer 氏は語ります。「効率的なマーケティングができたのは Google 広告のおかげです。広告コストの管理は、特に中小規模の企業にとって、非常に難しくなるものです。Google 広告では、使った金額と入ってきた金額を 1 日の終わりに確認できるのです。」

同社は現在、実際に商品を使用するユーザーをより重視するようになっています。そして、世界中の未参入市場を開拓するチャンスへの取り組みを続けています。

「実際に商品を使用するユーザーをより重視するようになりました。私たちが提供する製品やサービスを向上できるのは、そうしたお客様だけです。 「Google のおかげで、世界中にリーチを拡大し、各国でプレゼンスを確立する チャンスをつかんでいるのです。」 The Heat Company のディレクター、Herwig Holzer 氏