Intercom が Google の翻訳サービスを活用して迅速に新規市場へ進出

非英語圏の市場への進出を成功させた事例

目標

  • 手つかずの非英語圏市場に迅速に拡大する
  • 迅速な拡大を実現するため、時間をかけずに Intercom のサービスに対する需要を評価する

手法

  • Google 認定の翻訳サービスを使い、効果的にウェブサイトの翻訳とローカライズを行った
  • Google 認定の翻訳サービスで広告とランディング ページを 5 つの言語向けにローカライズし、ニーズのテストを行った

結果

  • 有料のトラフィックが 25% 増加し、新しくローカライズしたキャンペーンは、Intercom の英語圏のキャンペーンと同様の割合でトラフィックのコンバージョンを達成
  • 英語圏のベンチマークに比べて、国外市場のコンバージョン単価(CPA)が平均 20% 低くなった
  • Intercom はこれまでのレベルを保ちながら、より安価にコンバージョンを達成し、新規市場に迅速に進出
  • 過去 3 年間で年間経常収益(ARR)が 100 万米ドルから 5,000 万米ドルに増加

シリコンバレーを拠点とするメッセージ ソフトウェア企業の Intercom は、2011 年のスタート以来、企業の顧客とのコミュニケーション方法を大きく変えてきました。2015 年には収益が 4 倍に成長し、Intercom は新たに非英語圏の市場に進出することを決めました。国外の新規市場におけるサービスの需要を効果的に評価するため、同社は Google 認定の翻訳サービスを利用しました。今日 Intercom は 20,000 人以上の有料ユーザーを抱え、10 億人以上のエンドユーザーにリーチしています。

Intercom はローカル市場ですでに大きな成功を収めていましたが、非英語圏の市場に一気に拡大することを決めました。同社は、アプリ、ウェブサイト、メール、ソーシャル メディアのオンライン メッセージ ソフトウェアの国外における需要を迅速に評価したいと思っていました。Intercom はすでに、専任の Google アカウント マネージャーと有料広告の最適化を行っていたため、Google 認定の翻訳サービス1を使うことは、自然なステップでした。

Intercom のマーケティング マネージャーである Tom Newton 氏は、次のように述べています。「期待していたのは、他では同じスピード感では手に入らないような、高品質な翻訳を入手することでした。Google の翻訳サービスを使うことで、他の代理店を探し品質のテストを行う時間を節約することができました。」

Intercom は、他のサプライヤーを探してテストすることなく迅速に国外市場に進出できるよう、ウェブサイトの翻訳とローカライズの効果的なサービスの提供を Google に依頼しました。

また同社は、英語圏のチャネルと同様のレベルでトラフィックがコンバージョンを達成したかどうかを確認し、それらの潜在的新規市場全体でのコンバージョン単価(CPA)を比較したいとも思っていました。

Google の翻訳とローカライズのサービスは、Intercom のサービスに対する需要をテストするため、同社の広告とランディング ページを 5 つの言語に効果的にローカライズするのに役立ちました。

結果は劇的でした。全体で有料のトラフィックは 25% 増加し、新しくローカライズしたキャンペーンは、同社の英語圏のキャンペーンと同様の割合でトラフィックのコンバージョンを達成しました。さらに、CPA が英語圏のベンチマークと比べて平均 20% も低くなるという予期せぬメリットもありました。Google のローカライズ サービスを使うことで、Intercom は、これまでのレベルを保ちながら、より安価にコンバージョンを達成し、効果的に新規市場に進出することができました。Google 認定の翻訳サービスについて Newton 氏は次のように話しています。「特に驚いたのは、最初から品質が非常に高かったことです。Intercom 社内に各言語の話者がいてレビューを行うのですが、非常に軽微な編集をするだけで、まったく修正しないこともありました。これはとても珍しいことです。」

今後、Intercom はサイトの別の領域を既存の外国語キャンペーンにローカライズしようとしています。また、すでに次に展開する地域の調査も開始しています。

「もたらされた結果は我々にとってうれしい驚きでした... ローカライズされたコンテンツを迅速に利用することができました。」 Intercom、マーケティング マネージャー、Tom Newton 氏


  1. このサービスの利用には制限が設けられています。詳しくは、専任の営業担当者にお問い合わせください。