FC-Moto が動的検索広告を活用して国外へのリーチを 5 倍増加

ドイツのバイク用品の小売業者が 5 か国から 25 か国へと販路を拡大した成功事例

目標

  • 国外でのリーチを増やす
  • FC-Moto に話者のいない言語を母国語とする国々で商品を販売する
  • 成長を加速させるため、可能なアクティビティを自動化する

手法

  • 動的検索広告を活用
  • 自動ターゲット設定を導入
  • 自動入札を利用
  • コンバージョン オプティマイザーを使用

結果

  • 市場を 5 か国から 25 か国へ拡大
  • コンバージョン数が 20% 増加
  • 中国、チェコ共和国、ギリシャ、日本、マレーシア、ポーランド、トルコを含む新規市場へ販売を拡大

ドイツのバイク用品の小売業者である FC-Moto は、1999 年にオンラインに進出して以来、国外へのビジネスの拡大が重要事項でした。この目標を達成するため、同社は動的検索広告を採用しました。これにより、5 か国だったリーチが世界中の 25 か国の市場へと拡大しました。

国外市場に幅広くリーチするという目標を達成するため、同社は異なる言語が話される国々においてコストを抑えながらマーケティングを行うための方法を必要としていました。

「専任のマーケティング チームも代理店もついていませんでした」と、FC-Moto の CEO である Farshid Chalatbari 氏は話します。「ですから、できるだけ自動化を活用しながら、私たちのオンライン マーケティングの試みを大規模に拡大してくれるスマートなソリューションを探していました。」

進出したい市場を定めた FC-Moto に、これを達成するためのソリューションを提供したのが動的検索広告でした。「最初に、配送費用を考慮するため、人口、社会的進歩、為替リスク、オートバイの人気、距離などのパラメータに基づいて最も適切な輸出市場を特定しました」と、Chalatbari 氏は話します。「進出したい国について言語のサポートが社内になかったため、私たちにとって動的検索広告は理想的なソリューションでした。アカウント管理チームのサポートにより、追加の 20 か国について動的検索広告を設定しました。自動入札、コンバージョン オプティマイザー、動的広告フォーマット、自動ターゲット設定を利用することで、大規模に輸出ビジネスを推進できました。」

FC-Moto は現在、中国、チェコ共和国、エストニア、ギリシャ、ハンガリー、インドネシア、イスラエル、日本、ラトビア、リトアニア、マレーシア、ポーランド、ルーマニア、スロベニア、スロバキア、韓国、トルコを含む 25 か国で顧客への販売を行っています。

同社はマーケティング予算の約 15% を動的検索広告に費やし、結果として 1 か月のコンバージョン数が最大 20% 増加しました。

Chalatbari 氏はツールについて、メンテナンスがほぼ不要で、提供されるマーケット インサイトが特に有用だとしています。

「動的検索広告は、これまでに広告を出したことがない市場で足掛かりを得るのにとても役立ちました。私たちの輸出ビジネスはまだ始まったばかりで、これから Google とともにもっと成長していくのを楽しみにしています。」 FC-Moto、CEO、Farshid Chalatbari 氏