Favret Mosaici がグローバルな SEO とソーシャル メディア戦略により、ウェブサイトのアクセス数 45% 増を実現

イタリアのモザイク制作者が Google を活用してブランド認知度を高めた事例

目標

  • イタリア国内と国外におけるブランド認知度を向上させる
  • サイトアクセスを増やす
  • オンライン広告キャンペーンを展開する

手法

  • Google の Eccellenze in Digitale イニシアチブを活用
  • 新しいコンテンツでウェブサイトをリニューアル
  • SEO とソーシャル メディア マーケティング活動を展開

結果

  • サイトアクセスが 45% 増加
  • 国外の取引先が 20% 増加

伝統的なイタリアン モザイクのデザイナーであり制作者である Favret Mosaici は、国内で地位を確立していましたが、国内でも国外でもブランド認知度をより高めたいと思っていました。より多くの関心を集めるため、同社は Google のデジタルワークショップを活用して、ウェブサイトをリニューアルし、グローバルな SEO とソーシャル メディア マーケティング戦略を展開しました。その結果として、ウェブサイトのアクセス数を伸ばし、国外の取引先を 20% 増やしました。

1933 年にイタリアのピエトラサンタで創業した Favret Mosaici は、今でも伝統的な手法を守り、天然大理石やベネチア エナメルを使ったモザイクを現地のスタジオで作成しています。

長年実店舗で成功を収めてきた Favret Mosaici は、2007 年に最初のウェブサイトを立ち上げました。最近ではデジタルの活用を増やし、イタリア国内とより広い世界規模の両方で、自社のモザイクの認知度向上を目指してきました。その実現に向けて Favret Mosaici は、Google のデジタルワークショップに注目し、個々の要件に合わせて構成できる無料のオンライン トレーニング コースを利用しました。23 のコーストピックが用意されていて、効果的で使いやすいウェブサイトの設計方法から、SEO の使い方、ソーシャル メディア戦略の立て方、グローバルへの拡大方法まで、デジタル プログラムはあらゆるトピックのチュートリアル動画を幅広く企業に提供しています。

「デジタルツールは、比較的コストが安く、多くのオーディエンスにリーチできる可能性があるため、モザイク芸術のようにニッチな商品の販売促進に特に有効です」と、同社のオーナーである Paolo Favret 氏は語ります。

プログラムのレッスンに従って、Favret Mosaici はまずウェブサイトをリニューアルし、デジタルでの独自性を強化するためコンテンツを改良しました。また、モザイクに興味のある新規顧客を見つけてターゲットとするために、チュートリアルを使ってオンラインの広告キャンペーンを作成し、グローバルな SEO とソーシャル メディア マーケティング戦略を展開しました。

これらの取り組みは成功を収めました。ウェブサイトのコンテンツを改良したことによりサイトのアクセス数が 45% 増えました。これは主に、ソーシャル メディアでのプレゼンスが強化されたことによるものです。また、Favret Mosaici は国外の取引先を大幅に増やしました。

「Google デジタルワークショップのおかげで、SEO とソーシャル メディア マーケティング活動を広く展開することができ、国外での取引先が 20% 増えました。」 Mosaici Favret、オーナー、Paolo Favret 氏