ブランディングの効果を最大化して海外の新規市場で成功する

強力なブランド プレゼンスによってビジネスのグローバル展開を行う方法

ウェブの台頭により、グローバル展開を阻んでいた多くの障壁が取り除かれ、ビジネスを海外に拡大する機会が無限に広がっています。グローバル展開の準備を行うにあたって、ブランドを計画の中心に据えることが重要です。

ブランドは最も貴重なアセット

組織を人間に見立てた場合、ブランドはその人柄と考えることができます。ブランドは、ビジネス、サービス、商品を顧客に対して保証することを意味します。ある人物が人柄にそぐわない行動をすると、人々は不安を感じます。同様に、ブランドがこれまで提供してきた価値に背いて大きく変わってしまうと、ブランドの最大の支持者に不安を与えることになります。

初心に返ってブランドの強みを考える

成長を遂げた後も、ブランドの大切にする価値や品格を維持することが重要です。

その方法

まず、次のような観点から、ブランドがこれまで成功してきた要因を分析します。

  • グローバルに成長を遂げることができた要因は何か?
  • 競合他社と比べて優れている点はどこか?
  • 顧客に選ばれ、継続的に利用される理由は何か?
  • 顧客はブランドを選ぶことでどのような満足感を得られるか?
  • ブランドを利用することで、顧客はどのような感情的な結びつきや体験を得られるか?
  • ブランドの価値は何か、また企業のビジョンや使命は何か?

次に、これらの重要なブランド アセットをすべて保持したまま、どのようにグローバル展開を実現できるかを考える必要があります。

これまでブランドと既存のビジネスを成長させてきた方法をもとに、今後のグローバル展開の方法を考えます。新規市場に進出する際は、「この行動やコミュニケーションは、ブランド固有のエクスペリエンスを提供するのに役立つか?」と自問するようにします。パフォーマンス マーケティングから始める場合でも、この問いかけによって、すべてのタッチポイントでブランドを構築できるようにすることが重要です。

市場によってアプローチを変える

すべての国で同じアプローチが通用するとは限りません。

新規市場の文化的側面(トレンド、消費者が重視するもの、購入決定プロセスなど)を理解する必要があります。Market Finder は、ターゲットとする新規市場の特定、言語や地域の障壁の克服をサポートし、法規制の要件に関する分析情報を提供します。

また、純粋なオンライン企業の場合、店舗を持たない販売モデルの成功のしやすさは市場によって異なるため、憶測は危険であることを理解する必要があります。たとえば、日本ではすべてがデジタル化されていると思われがちですが、実際には個人的な関係の文化的価値が高く、地域のパートナーを通じて販売したほうがうまくいく場合があります。

拡大しながらブランドを構築する

適切な市場が見つかったら、ブランド、ロゴ、タグライン、商品名などすべての側面を確認し、言葉遣いやマーク、色がその市場で誤解や不快感を与える可能性がないか見直します。すべてのアセットを、文化的に適切になるようにローカライズします。最初の市場で使用したブランド戦略を、そのまま新規市場で使えるケースは多くありません。

最後に、サードパーティ(代理店、販売業者、フランチャイズ加盟者、卸売業者など)と取引を行う場合は、そうしたサードパーティにもブランドや戦略について理解してもらう必要があります。また、商品、品質管理、カスタマー サービスをどのように提供してほしいかについても伝えるようにします。

インターネットによりグローバル展開の障壁が下がり続ける中で、ブランドを地域の衣料品店から国際的な大企業に成長させることも可能になっています。

提供する商品やサービスに適した海外市場を見つけたら、ブランドを保護しつつ、新規市場の潜在顧客の共感を得られるような方法でアピールして、ブランドの認知度を高めます。これにより、ブランドの特性を保ちながら、あらゆる市場に進出することが可能になります。